KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廣木光一+Jazz Dialogue @カフェ・コンコルド
 初めてのお店へ行くのってワクワクする。
根上松にある「カフェ・コンコルド」というイタリアンカフェで表題のライブがおこなわれるというので、平日だが仕事をさくっと切り上げて雨の中、車で向かった。
お店の場所はすぐわかったが、35年間一度も行ったことがなかったな。
向かいの「五味八珍」やこの辺にあったはずのカニ料理屋は来たことあるのにこのお店は知らなかった。
ましてやライブを演ってたなんて…。

さて、お店に入るとイスだけがステージに向かって並べられていて、ライブバージョンにレイアウトされていた。
一番前に陣取って、店内を見回してみると…落ち着く…。
床や壁、天井もウッドを使っているからだろう。
いや、周りに顔なじみのお客さんが多いということかな。
奥の壁面には過去ここで演奏した人たちのサインや落書きが一面に書かれている。
それほど広いわけではないので3~40名で一杯になってしまうだろう。
最前列は演奏者とは2m以内の至近距離となるため、生音・生声が聴ける。 廣木光一+Jazz Dialogue @カフェ・コンコルド Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
「廣木光一+Jazz Dialogue」
最初はギターとピアノで「星影のステラ」。良い崩しから始まった。
奥にグランドピアノがあるし、PAも備えてある。照明もバッチリでマスターのこだわりが感じられる。
廣木光一+Jazz Dialogue2
藤森潤一(P)。
この位置からではピアノの生音がギターより大きい。後ろの席ではギターの方がが大きく聴こえていたというからスピーカーの指向性のために抜けてしまうのかな。

後半は、ギターソロから始まった。
クラシックギターのためかアカデミックな演奏に聴こえる。 廣木光一+Jazz Dialogue3 廣木光一(Gt)。
ピックを使って6弦を滑るように行き交う。 廣木光一+Jazz Dialogue5 鈴木麻美(Vo)。
そして、ギターとのデュオ。
これがすばらしかった!
このデュオがもう一度聴きたくて2度目のアンコールをおねだりしたくらい(笑)。でもデュオはやらなかったけどね。

ピアノとギターって、ヴォイシングでぶつかるところがあるから難しいんだよね。

全体的にゆったりした大人のムードで、満足度の高いライブだった。

ライブではテーブルがないので、飲み物も注文しなかったけど、今度時間を作って料理や飲み物をゆっくり楽しむことにしよう。








スポンサーサイト
コメント
コメント
KAZZさま・・・・

ご来場、そして、素敵なレポート、
ありがとうございました。

音のお話、とても参考になりました。
聞く場所によってもバランスが左右されてしまうんですね。

いつもすごーく緊張してしまう廣木さんとのデュオなのですが、(^^;
今回は音の空間をかみ締めて歌えた手ごたえがあったんです。
それをKAZZさんにも、お褒めいただけたのが、
とっても、嬉しい!!

いつか全編デュオに挑戦してみたいと思っています。
その日がきたら...、
ぜひKAZZざんに聴いていただきたいです♪♪♪
2010/04/24(土) 19:30:01 | URL | asami #hMsimftE [ 編集 ]
asami さん
 指定席形式のライブ会場では、S席とA席等が設定されていますが、小さな会場ではそのような設定になっておらず、早い者勝ちになります。
通常スピーカーの間隔を1辺とした正三角形の頂点に陣取るというのが無難な選択ですよね。
私の場合は、撮影をするのでマイクで顔が隠れてしまうような中央は避けますが、なるべく前列に行くようにします。
そうすると、音響のバランスは必ずしも良い場所にはならないんですね。
これは仕方ありません。

さて、ギターとのデュオは、ピアノに比べて音圧や残響が少ないギターの空間をうまく埋めるasamiさんならではの歌唱がよく合っていました。
適度な緊張感がタマりません。

全編デュオが実現できる日を楽しみに待っています。

おつかれさまでした。

KAZZ
2010/04/25(日) 16:48:14 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。