KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J-Pop vs A-Rock 続
 ’70年代は高度成長期で、アメリカやイギリスの音楽をラジオで聴く機会が多くなっていた頃。
オールジャパンポップ20では「みのみのーもんた、みのもんたー」が司会(DJなんて言葉も使ってなかった)で毎週ヒットチャートがどうなるかクラスの仲間と予想しあってた。
そんなとき、後楽園球場で雷雨の中コンサートを決行して話題となったバンドが「Grand Funk Railroad 」だった。
「エレキだろ?よく感電しなかったよな」とか、まことしやかに話したものである。
で、生き続けた「Grand Funk Railroad 」は「アメリカン・バンド」や「ロコモーション」などのヒット曲を出し、全身を使って聴き狂ってたっけ。

さ、続き。 おとぎグランドファンクレイルドーロ Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
こちらは「グランド・ファンク・レイルドーロ」で件の「Grand Funk Railroad 」のカヴァーバンドである。
このバンドをカヴァーするバンドって、いそうでいなかったなあ。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 2 
当時のグランドファンクのギタリストよりテクニックは上である。7弦だし・・。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 3 なつかしいスルーネックタイプのベースといい、あとで出てくるがドラムセットといい、重厚なサウンドはここから放たれている。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 4 
ダイナミックに歌う。
「当時のGFRサウンドってどんな感じだっけ?」
そんなこたどうでもいいって感じにさせてくれる。
考えてる時間がもったいない。 
おとぎグランドファンクレイルドーロ 5
たのしい・・。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 6
このバンドも結成して1年に満たないらしいが、メンバーはそれぞれ活動暦が長い。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 7
「ロコモーション」では「Spoon」もステージに呼ばれてセッション。
当然Keyも違うだろうけど予期せぬ事態でも演っちまう器が備わっているではないか。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 8
やっぱたのしい・・・。 
おとぎグランドファンクレイルドーロ 9
そしてコダワリのGFRフリークはこの人。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 10 見えるだろうか?
各スタンドにはホログラムが施されていて七色に鈍く光っている。
このドラミングに目が釘付けだ。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 11 そういえば「ハートブレイカー」を聴くとあの当時を思い出すなあ・・。 おとぎグランドファンクレイルドーロ 12
当時は、音楽の国境など意識してなかった。
「ディープパープル」もムキになって聴いたし、「外道」など日本のハードロックも聴いていた。
「クリーム」から「ヤードバーズ」、そして「レインボウ」のあと、「ジェフベック」についていったら、クロスオーバー~フュージョン~ジャズという自然の流れになっていた。
もちろん、その間「天地真理」、「山口百恵」、「松田聖子」という正統派男子の道も外さなかった。

そんなオヤジの、忘れていた心の奥のほうを刺激してくれるうれしいバンド「グランドファンクレイルドーロ」には感謝感謝だ。

前半の今風のオリジナルJ-Popと後半の懐かしいA-Rock、vsなどと安易に対比すべきものではない。
ブログタイトルはよろしくなかった。
改めよう・・「新旧ガチンコ対決」・・俺、センスないわ。











スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/29(火) 00:28:49 | | # [ 編集 ]
いつもありがとうございます。_o_
7弦ギター弾きの坂田です。

#うっかり非公開コメントにしてしまったので、再度投稿します。

いつも素晴らしい写真をありがとうございます。
自分達の写真はもちろん、他の方々の写真も生き生きしていて、楽しく拝見しています。

お褒めのお言葉をいただいて、嬉しいやら恥ずかしいやら。。。
これからも楽しいステージを目指していきますので、よろしくお願いします!
2010/06/29(火) 00:31:11 | URL | Sakata #hZNa4HGQ [ 編集 ]
Sakataさん
いつもsakataさんのギタープレイには感動してしまいます。
何より楽しそうに演奏しているのがイイんです。

ところで7弦ってLowBなんですか?
ふつうのバレーではジャラ~ンとはできないですよね。
などとコメント欄で質問しててはいけませんね。
今度お会いしたときに聞かせてください。

KAZZ
2010/06/29(火) 13:17:30 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
こんにちは、、、RockオヤジのRock Sugimotoです。

先日はありがとうございました。。。挨拶もできずスミマセンでした。
素晴らしい写真の掲載ありがとうございます。
私の場合、必ず、、、と言ってもいいほどいつも誰かとかぶってまして・・・・(笑)
どアップでありがとうございます。

7月8月もLIVEありますので、宜しければ、また懲りずに観てやってください。(やらまいかもあります)
11月位には、再度「おとぎ」LIVEやる予定です。

今後とも宜しくお願いします。
老体に(笑)(54です)ムチ打ってがんばります。。。
2010/06/29(火) 14:29:24 | URL | 浜ドン・Rock Sugimoto #- [ 編集 ]
浜ドン・Rock Sugimotoさん
はじめまして。
びっくりしましたわー。ドラムセットとその帽子。
濃厚なの好きです(笑)。

ええ、ドラムの方の写真は座席によっては全く見えないことが多く、かといって演奏中に近づいて撮影するほどマニアでもないので結構画像無しってバンドも多くありますね。
たまたま(ってか指定席?)いい位置に陣取れたのです。
今回はピアノを退けて、ドラムセットをそれぞれ置いてましたから、いつもとはちょっとレイアウトが替ってたおかげでドラムプレイを堪能できました。

その筋肉はとても50半ばに差し掛かっていらっしゃるとは思えませんねぇ。
もうちょっと待っていてくれればじきに自分も追いつきます・・・年齢ですよ。

また演奏を楽しませていただきますのでよろしくお願いします。

KAZZ
2010/06/29(火) 23:03:01 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
山口百恵 in 夜のヒットスタジオ [DVD]エイベックス・マーケティング発売日...
2010/07/03(土) 13:50:30 | 教えてください
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。