KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱気球
 熱帯夜で不眠のまま、熱気球を見に早朝舘山寺に向かった。
朝早いと(といっても6:00だけど)、窓から入り込む風が心地よい。
熱気球
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
これは目立つこと間違いなし!
ここは舘山寺パルパルの北側の駐車場からみたところ。 熱気球 2
会場では既に搭乗予約者が列を成していた。 熱気球 3
時々「ブォー、ブォー!」とバーナーを焚く音が会場に響き渡る。
ご覧のようにロープで捕われの身になっている、いわゆる「係留」タイプのため、高さは10数メートルだろうか。 熱気球 4
朝日と言えども直射日光はイタイほど。
気球内温度は100℃を超えるし、人の乗るバスケットでも50℃近いから結構過酷なフライトだ。 熱気球 6
1回の滞空時間が1分ほど。
熱気球 7
無事着地。
気球の直径は約20m。
もちろんフリーフライトで数千m上空へも行くことができる気球である。
熱気球 8
特徴であるカラフルな球皮はガラス繊維の不燃シートを縫い合わせてあるのだろう。
熱気球 9
気球体にはナンバーが入っている。

遠州地方はからっ風が強いため、熱気球には不向きな土地かもしれない。
そのためか、全国では競技も行われているのだがこの辺ではあまり見ることができない。
それゆえ、こうしてフライト情報で人気が集まる。
このときの1回搭乗費用は大人が2,000円だ。
ちょっと割高感があるが載ってみたいと思わせる。

既に1時間以上待ちだったのでフライトは諦めたが、もっと数が揃えばゼヒ載ってみたいものだ。








スポンサーサイト
コメント
コメント
ああ~!
暑い中お疲れ様でした。イイですね!!
スクロール毎にフライト写真を期待している自分がいました。
2010/08/28(土) 13:13:23 | URL | Pf 寛 #RaJW5m0Q [ 編集 ]
快晴の空にカラフルな熱気球

美しい構図ですね~

是非とも乗ってみたいですね!! 
2010/08/28(土) 15:00:44 | URL | クイーンジュンコ #- [ 編集 ]
Pf 寛さん、クイーンジュンコさん
29日(日)も上げるそうですよ。
って、もう日曜の朝でした。

非日常のカラフルな景色は、日本ではないという錯覚に陥りそうになりました。

上空からライブしたらギネスに載るかも・・・。

KAZZ

2010/08/29(日) 02:27:28 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。