KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS 続
 「次回」までのスパンが長くなってしまった。
この間、ちょっとした楽しい作業をしておりました。
その話はまた「次回」ということで・・・。

浜名湖 音もダチ!フェスタ♪は土日の2日間で、40近いグループやユニットが次々と演奏していくという大宴会のようなイベントだ。
俺は日曜日の午後3:00から参加した。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6G
WATTSの南側は全面ガラス、つまり浜名湖が一望できるようにステージがセッティングされており、屋内でこのようなロケーションでライブがおこなわれるなんて他ではまずあり得ない。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS 2
「ききまたく」。
地元浜松出身で東京で活躍されてるそう。
「さわやか」のげんこつハンバーグをネタにするとは掴みは完璧。
フォークギター(なんとGibsonのDove!)を持っているから、フォークロックかと思ったら、その通りだった。
でもこれが、男気のあるゴリゴリの演奏とハートを感じるボーカルで結構ヤラレタ。
「頑張れB型」のキャッチーななメロディーで観客を巻き込んだかと思えばバラード曲「応援の唄」で心沁みさせ、短い時間ながら抑揚のあるステージだった。

浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS 3
「徳田建」。
大阪だとか。
いわゆるフォークで、ヴァイオリンやハープがいい味出してる。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS5
赤いパンツでわかるが還暦だそうだ。
やさしい歌声はかなりここちいい。

浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS6
そして「Pin☆Lady」。
この日一番楽しみにしていたバンドだ。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS7
この人がリーダーかな。
ピンクレディのカバーバンドは初めてだけど、見事に再現されたサウンドで引きずり込まれた。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS8
徹底して演芸バンドになりきっているところがすばらしい! 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS9
ひとりでピンクレディを歌っちゃうのでピン・レディ。
TVでピンクレディを見て一緒に踊っちゃった派?
盛り上がること間違いなし。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS10
「金藤カズ&永田たかし」。
曲もいいけど、永田たかしのギターが非常にイイ!
指弾きが熟練の技って感じでたまらん。
また、俺は食べてないけど、この方の作る坦々麺もおししいらしい。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS11
露出補正なしだとこのような画像になるが、実際はこんな感じに見えている。
背景の窓から見る青空とのコントラストは爽快だ。

浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS12
「アイスクリーム」。
京都のバンドで、アットホームな雰囲気がある。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS13 この人のキャラが際立つバンドでもある。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS14
「あらいなおこ」。
この方のクロマチック・ハーモニカはいい味出してる。
このたび「なかむらなおこ」になるとか・・・。


浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS15
「Juli&涼」。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS16
Juliは何度か観ていて、その前へ前へと出て煽るパフォーマンスは健在。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS17
R&BでJuliと掛け合いをしたり、グルーヴ感がきもちいい。
途中、前出の「あらいなおこ」のクロマチック・ハーモニカを突然フィーチャーしたバラードも最高だ。

さて、ここで一旦外へ出て休憩した。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS18
これは外観。
WATTSは2階部分で、ガラス張りなので内部が見えるだろう。
1階は「Bhairavi」というアジアン雑貨店。
地元でも人気があるそうだ。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS19
日が傾き始めた浜名湖の景色。
つい先ほどまで水上スクーターが走り回っていた。
これだけのロケーションゆえ、周囲にはペンションや別荘が点在するのだが、90年以前のバブリーな面影だけが残っている。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS20
会場の外では、出演後のアーティスト達がセッションをしている。
これだけのアーティストが一同に会するのだから至極当然のことである。

さて、会場へ戻ると、あっという間に日が沈んで、窓は真っ黒になっていた。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS21
「りぶさん」。
ベースは静岡出身だが、あとは長崎出身で、上京して2枚のアルバムをリリースしている。
【Profile】(HPより)
活きの良い天然物のハッピーサウンドを創り出す、三者三様・強烈個性の三つ巴。
SOUL、FUNK、ROCK、BLUES、FOLKなどなど、あらゆるルーツミュージックを愛し、型にとらわれない自由な音楽スタイルから三人が繰り出すエネルギッシュかつハートフルなサウンドは、誰もを笑顔にさせる。
 
まさにこのとおり、MCも3人それぞれの個性が出てめちゃおもろい。

次は大御所だ。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS22
「いとうたかお」。
ギターの電池が切れたため、生音・肉声で歌った。
これが、シンと静まり返った店内に程よく響き、PA慣れした耳を癒してくれる。
と同時に心の奥に生の声が届いて感動を生む。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS23
2曲目から電池が交換され、PAを通した音となった。
ヴァイオリンの音ってすごくノスタルジーに感じる。 浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS24
アンコールで「あしたはきっと」をセッションでやってくれた。
個人的には、「19才」や「雨やどり」を聴いてみたいけどね。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS25
いつまでも俺の憧れ。
浜名湖 音もダチ!フェスタ♪@三ケ日WATTS27
左は主宰の「ハゲ富安」氏。

都合によりここでこの場を後にしたが、彼のおかげで濃密な時間を過ごすことができた。
前日は、地元の顔見知りのミュージシャン達が出演していたが、これまた都合がつかず残念だったなぁ。

ひとりで行っても、気後れしないでいられたのも、何人かの知り合いがいてくれたからに他ならない。
また来年もお邪魔しちゃおうかな。

























スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/28(日) 18:26:29 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。