KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケニー國藤カルテット“ウェイン・ショーターの曲をフィーチャーして”
 ウェイン・ショーターを初めて聴いたのは「ウェザー・リポート」だったような…。
でも、ジャコやザヴィヌルの存在の影になっていてあまりまともに聴いてなかったような…。
いや、Blue Note時代の演奏をレーザーディスクを買って観ていたな。
そのレーザーディスクはまだラックにあるはず。
本体も3台目だけどTVボードの中に納まっている。
まだ、動くのだろうか?

その「ウェイン・ショーター」のトリビュートなので、どんなもんじゃろと思って聴きに行ったケニー國藤カルテット。
場所はJazz in "B♭"
ケニー國藤
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
ちょうど台風が直撃すると報道されていた日だったが、運よく南に逸れて雨も止んでいたのだ。
ウェイン・ショーターに敬意を表し、全員がネクタイ着用で臨んでいた。
ケニー國藤 2
ケニー國藤(Sax)。
さて、どんな曲だっけ?
忠実にコピーされているのか、アレンジされているのかさえわからない。
しかし、ケニー氏のオリジナルとは明らかに曲調が違う。
ケニー國藤 3
奥村貴宏(B)。
割りとスローな曲が多くブルージーな感じだが、展開が普通ではないので聴くほうも緊張を強いられる。
ケニー國藤 4
小関信也(Pf)。
どんな曲でもサクッとこなす小関氏の背中はとても広くて頼れる存在である。
ケニー國藤 5
佃雅彦(Ds)。
思いがけず、いい演奏が聴けた。

途中でケニー氏のオリジナル曲や童謡のカヴァーをやってくれたので、酸素補給ができたが、それほど息詰まる演奏もあった。
しかし、MCを含めて全体的にはアットホームな雰囲気でもある。
嵐の夜に集まった人たちの妙な連帯感もあった。

それはそうと、以前はこの店のウィルキンソンのジンジャーエールに嵌っていたが、今はドライカレーに嵌っている。
このセット、一度お試しあれ。
ただし、両方共辛いからね・・。







スポンサーサイト
コメント
コメント
まいどありがとうございます
ウエイン・ショーターの曲特集という濃い企画でしたが、ご来場いただきましてありがとうございました。

私自身も、実はショーターの第一印象は、ウエザー・リポートのかっこいいサックスでした。しかし、ジャズを演奏し始めてしばらくたったころに聴いた、ブルーノート時代のショーターは、黒くて怪しい光を放つ、ウエザー・リポートとは別世界の音楽で、私は一気に魅かれ、のめりこんでしまったのでした。

演奏したショーターの7曲は、かなりオリジナルに忠実なアプローチでした。それだけに濃い、濃い。一曲一曲必死で取り組みました。いまどきショーター特集なんてやるバンドはまずいないでしょう(笑)。でも、演奏を終えて、あたらめてショーターの曲の音楽的構成に感心した次第です。素材は普通のビバップのジャズとかわらないのに、ちょっとした味付けと構成の工夫でこれだけ個性ある独自の音世界を築ける・・・このセンスは私も身につけたいなと感じた次第です。
2010/11/21(日) 21:42:33 | URL | ケニー #- [ 編集 ]
ケニーさん
こういうトライは聴く側としても楽しいです。
緊張感がまたたまらないですね。

趣向は違いますが、Smooth Jazzも大好きなので機会があればよろしくお願いします。

ありがとうございました。

KAZZ
2010/11/22(月) 12:42:27 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
ウェインショーター
ウェインショーターのファンです。宜しくお願い致しますm(__)m
2011/05/24(火) 00:39:25 | URL | とも #JalddpaA [ 編集 ]
ともさん
ご訪問いただきありがとうございます。
このライブを聴いたことにより、ウェインショーターという男に興味を持つことになりました。
キッカケは何であれ、知ることは知らないでいることより勝っていますね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

KAZZ
2011/05/24(火) 20:52:23 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。