KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blues番付春場所 VOL.3
メリーユーにて3バンドが火花を散らした。
Blues番付春場所 VOL.3 Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6&TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
 「BluesTherapy」。
だけど、ほとんどザ・ブラックバスになってた。
Blues番付春場所 VOL.3  2
「石川秀明」。
ソロでも聴かせるボーカル中心のサウンドが最近の彼のスタイル。
ギターも歌もうまいなんてズルい(笑)。
Blues番付春場所 VOL.3 3
「Dr.ASH」。
今回MCが少なかったのが唯一残念。
Blues番付春場所 VOL.3 4
「MARIMON」。
座って演奏するスタイルだ。
また、画像がないけどドラムは「だてっち」。

いい雰囲気を作ったところでNext.
Blues番付春場所 VOL.3 5
「ギャザーズノーモス」。
京都で活動してるという正統なるブルースバンド。
Blues番付春場所 VOL.3 6
以前も書いたけど、ブルースって普段聴かないんだけど、ライブでは最高にいい気分になれる。
家で聴いても、車で聴いてもこの気分は味わえないのだ。
俺の集中力が足りないのか、ビジュアルが大事なのかよくわからないケド・・・。
Blues番付春場所 VOL.3 5 7
このボーカルのキャラクターとブルースハープに酔える(笑)。
Blues番付春場所 VOL.3  8
浜松はどんな風に映っただろう。
Blues番付春場所 VOL.3 9
やっぱ呑みながら楽しみたい・・・。
最近は、車で移動することがほとんどだからなぁ。

最後は「エンヂン」だ。
Blues番付春場所 VOL.3 10
「やらフェス」以来だな。
Blues番付春場所 VOL.3 11
オリジナル曲はどれも聴きやすくノリやすい。
そして骨太である。
Blues番付春場所 VOL.3 12
もちろんバラードもあるが、今回は1曲だけ演奏した。
エンヂンのバラードは沁みる。
Blues番付春場所 VOL.3 13
Blues番付春場所 VOL.3 14

番付がどうとかは置いといて、3バンドともメッセージを遠くまで伝える心を持っているエンターテイナー集団だった。

Vol4はいつになるのだろう。











スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。