KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かとうかなこの贈り物
 クロマチックアコーディオンなるものは、以前村山氏が使っていたものを見せていただいてボタンの配置について説明してもらったことがあるが、弾いたことはない。
おもちゃの手風琴なら鳴らしたことがあるけど、あれ、どこいったっけ?
母親が子供の頃遊んだというから昭和10年前後のものだろう。
探して写真撮ろうかな。

そのクロマチックアコーディオン奏者を観に静岡文化芸術大学の講堂に行ってきた。
かとうかなこの贈り物
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6G 
12月5日だが比較的穏やかで、小春日和という感じだ。
かとうかなこの贈り物2 文化芸術大は、数年前に危険物取扱者乙4試験の受験会場で来て以来だな。
かとうかなこの贈り物3
ここが講堂だ。
エントランスは前面ガラス張りとなっている。
かとうかなこの贈り物4
これが、クロマチックアコーディオン。
なんとも華美な装飾だ。
一見、レジスターか何かかと思ってしまうが、これは1920年頃のものだそうで「かとうかなこ」は「おばあちゃん」と呼んでいた。
この椅子でないといけないそうで、彼女の愛情が伝わる佇まいである。
かとうかなこの贈り物5
向かって左が「ピエコ」、右は「にょろきち」とメンバー紹介していた(笑)。
真ん中の布がかぶせられたアコは「ピエコの子供」と呼んでいたが、いわゆるチビアコである。
かとうかなこの贈り物6
こちらはフィドル奏者の「大森ヒデノリ」氏の楽器。
リュートに属する「マンドーラ」というマンドリンの原型だとか。

この二人での演奏となる。
かとうかなこの贈り物7
演奏中の撮影は禁止されていることは承知でカメラを持参したのだが、第2部の中で「おばあちゃん」を演奏するときに蛇腹の美しさに見とれていたら「撮影するならいまだよ・・5・4・3・・」とポーズを取ってくれたので遠慮なくバッグからサクッとカメラを取り出して撮ったショット。
ステージ奥に見えるスピーカーは、例のライト・イアの平面スピーカーだ。
このスピーカー、ほんとにナチュラルなサウンドですばらしい。
かとうかなこの贈り物8
カウントダウンが終了してもまた「5・4・3・・」とやってくれる。
大阪出身で関西らしいイントネーションと笑いのペーソスにあふれた方だ。
かとうかなこの贈り物9
アコーディオンは4歳から始め、フランス留学中に全仏コンクールで第1位を獲得し、帰国後は全国で演奏をし、現在6枚のアルバムをリリースしているらしい。
ナイスなスタイルと美貌と音楽センスを併せ持った才女なのだ。

大森ヒデノリ氏は、フィドル・マンドーラ奏者として国内屈指の存在だとか。

ふたりの息はピッタリで、ヨーロッパの香りを立ち上げていた。
しかし、アコーディオンの音色は懐かしい日本の香りも感じる。
そういえば小学校の担任は音楽の先生でアコーディオンを片時も放さなかったっけ。
もちろん、その先生の奏でるフレーズは唱歌なのでジャンルは全く違うのだが、根本的な音色は同じだった。
実際、ライブでも「おばあちゃん」を抱えて「朧月夜」を演奏してくれたときは、胸の奥から暖かい液体が出てきて、身体全体を潤されたようだった。
もっと小さな箱で間近に聴きたい欲求にかられた。
アコソロも聴きたかったな。
かとうかなこの贈り物10
企画・運営は主催者養成セミナーOB有志によるもので、2度目となるようだ。
彼らのおかげでこのステキな演奏に触れることができた。感謝だ。
更にライブ終了後には、このような飲み物と軽食を用意してくれて、演奏者と交流できる「ふれあいカフェ」を企画してくれていた。
残念ながら時間がなく、趣旨に沿うことができなかったが、あわせて感謝したい。
かとうかなこの贈り物11
外に出ると、少し気温が下がっていた。
美しい街並みではあるが、人気がないと寒く感じてしまう。
アコースティックな楽器音の余韻は身体の中心にあるから大丈夫。
包み込んで持って帰るさ。














スポンサーサイト
コメント
コメント
私も行ってました。
とっても楽しかったですネ。

その後 Voix Vert を見に行ったので、
残念ながら交流会には参加できず...

ところで、文芸大の屋上は行かれたことありますか?
ステキな空間です~
2010/12/28(火) 00:49:53 | URL | ☆i #PzYVIlwM [ 編集 ]
☆iさん
いらしてたんですね(^.^)
いい体験ができました。
大森さんの楽器にきょうみがあったので話がしたかったんですけどねぇ。

芸大の屋上は落成したときに行きたいと思っていたのにすっかり忘れてました。
暖かくなったら行きたいデス。

では来年も宜しくお願いしますm(__)m
2010/12/29(水) 11:35:27 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
恵子はクリスマス・イブに、長年勤めてきた会社から解雇を言い渡された。人のことばかり考えていつも損をしている恵子は、この日もなけなしのお金を、ホームレスにめぐんでしまう。ホームレスは「この万年筆で...
2010/12/24(金) 01:10:05 | 粋な提案
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。