KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEW CAMERA
というほど新しくもなくなったPENTAX K100Dだ。 K100D

PENTAX DL2 DA18-55mm/F3.5-5.6で撮影
今日手にしたので、まだ数枚しかシャッターを切っていない。
いままでは、同じくPENTAXのDL2を愛用してきた。両機の違いはほとんどない。画素数も600Mだし、大きさ重さ、操作性や乾電池が使える点もほぼ同じだ。
では、何がいいの?である。
自分にとって大きな違いは、
1.手ぶれ補正(シェイクリダクションと呼ぶらしい)がボディ内臓
2.スーパーインポーズ(ピントが合焦したポイントが赤く光る)
この2点なのだ。
早速、このK100Dで撮影した画像を見てみよう。 
DL2

PENTAX K100D DA18-55mm/F3.5-5.6
結果、手ぶれ効果はイマイチわからん。
スーパーインポーズはイイ!ただし、なぜかわからないが、撮影画像の保存に時間がかかるようだ。
この辺は、もう少し使い込んで解明していこう。

でも、我が家に2台、しかもほとんど同じカメラ・・・ど~しよ~
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。