KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン
 金曜の夜、浜松駅前を歩いていて、ギター3人が演奏しているのを目撃した人は多いことだろう。
ギターを弾きながら大声で歌う、いわゆるフォーク系ストリートミュージシャンとは明らかに毛色が違う。
それが「遠州スーパーギタートリオ」。略して「遠トリ」。
この「ド」が付く真冬でも、氷のように冷たいネックにかじかむ指を走らせて、冷気の隙間に音をくぐらせているのだ。
でも、この日はインドア。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
3人ともナイロン弦だけど、音がぶつからないようにアレンジして演奏しているのだ。
うしろの絵は、中村心之輔作だ。
モチーフも色使いも斬新である。樹木が緑がかっているところは生々しい。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 2
Hase(Gt&MC)。
このトリオの主宰である。
ソロで演奏しているときからこのギターを使用しているが、高音を強調した一番ヌケのいいサウンドカラーにしている。
ときどきフィンガースナップをピックアップで拾っているが、リヴァーブの効いた気持ちいい音だ。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 3
今までにCDを10枚製作しているが、8年前の完売していたCDがプレス屋から10枚送られてきたのだそうだ。
それを今日販売するとのことで、レアもの登場に会場がざわついた(ような気がする)。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 4
おなじみJunya氏。
ベースランニングと切れ味のいいソロを展開するから、ガン見。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 5
Asa(Gt)。
外見で、クラシックコンサートにきたように錯覚させられるが、ご覧のようにトリッキーなプレイも繰り出すのでビックリしちゃうのだ。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 6
以前ほどではないが、激しい曲ではロッカーのごときパフォーマンスが繰り出される。
遠州スーパーギタートリオ@サロコン 7
選曲は、耳に馴染んだ曲をラテンアレンジで演るのだが、今回はあの「天国への階段」を演奏してくれた。
ギター小僧なら大体数回は弾く曲だけに、ダサくならないアレンジが求められるが、さすが遠トリ!。

例によって夜サロコンなので、50円のコーヒー(クッキー付き)やお茶(みそまん付き)をいただきながら、ほっこりさせていただいた。












スポンサーサイト
コメント
コメント
取り上げていただき感謝感謝っ!
2月も是非ご来場下さいっ!
2011/01/30(日) 20:36:40 | URL | tama #0p.X0ixo [ 編集 ]
tamaさん
サロコンではいつもお世話になります。
PAはもちろん、出演者のレベルが高くてほんとうにありがたいと思ってます。
こちらこそ、来月もよろしくお願いします。

KAZZ
2011/01/30(日) 20:53:00 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
いつもいつも、素敵なお写真とコメント、すごく嬉しく拝見しました。
どうもありがとうございました^^

Kazzさんに撮影して頂くと、いつも5割増し(当社比)で撮ってもらえるので、それはもう大喜びです。

これからもどうぞよろしくお願い致します。
2011/01/31(月) 23:48:22 | URL | hase #yIWW6qIA [ 編集 ]
haseさん
久しぶりに「遠トリ」をフルに聴かせていただきました。
10年以上に亘って衰えることのないその活動に敬服しつつ、至福の時間を過ごせました。

撮影にも力が入りましたが、まだまだ躍動感を表せていないなと反省しつつも、評価していただいたことを励みに精進しますので、これからもよろしくお願いします。

おつかれさまでした。

KAZZ
2011/02/01(火) 20:35:49 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。