KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池戸祐太&大村 亘 デュオ@おとぎ草子
 2月初旬にしては比較的暖かな節分の夜、おとぎ草子でおこなわれたライブは、初めて観るスタイルだった。
池戸祐太(G) 大村 亘(Ds) デュオ
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
ギターとドラムというユニットだ。

以前、練習時にベーシストが欠席したときなどはこのスタイルで演奏することはしばしばあったが、なんだか間の抜けた練習になっていた。

さて、この二人はどんなサウンドを出すのだろう。
池戸祐太(G) 大村 亘(Ds) デュオ 2
甲陽音楽院(神戸校)にてジャズギターを学び、その後シドニーに渡ったという池戸祐太(G)。

初っ端は単音をディレイで延々と鳴らし、そこにスペイシーな空間を演出したフレーズを重ねていくチャレンジャーなアプローチ。
池戸祐太(G) 大村 亘(Ds) デュオ 3
大村 亘(Ds)。
シドニーで真っ黒になって演奏していた大村に、池戸が現地人と間違えて英語で話しかけたのが2人の出会いだったそうだ。

幻想的なギターサウンドにアクティブに突っ込むドラム。
プログレッシブなサウンドで少々面食らった。
池戸祐太(G) 大村 亘(Ds) デュオ 4
しかし、その後はオーソドックスなギターフレーズに安心して聴き入ったのだ。
ギターはKillerのカスタムオーダーとのこと。
ピックアップエスカッションやネックのバインディングは木製のようで、Killerにしてはかなりシブい仕様だ。

二人はもう長いことこのスタイルで演奏してきているらしいので、息もあっているが、クラシックなどもテーマにしたり、その場の雰囲気でインプロビゼーションするので緊張感もたまらない。

アンコールでのジャズブルースを動画で一曲。


たかちゃん、良いライブに誘ってくれてありがとう。
節分とバレンタインを合体させたプレゼント「豆チョコ」、おいしかったよ。





スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございました!
カズさん、こんにちは!撮影もしてくださって大変ありがとうございました♪池戸さんと大村さんは、前回アナログでトリオで演奏し、スタンダードは勿論、オリジナル曲も大変心地良くCDが欲しくなったくらいでした。今回は2人の音楽の可能性を追求しているのが伺えた演奏で、聴いた翌日は、なんだかクリエイティブな感覚になりチェロで練習をしながら模索してました。今後はハーミットドルフィンか、マムゼルでもいろんな編成でも演奏をしてほしいな~、と彼らのセンスに今後も期待してます。本年もよろしくお願いいたします☆
2011/02/08(火) 11:34:50 | URL | たかこ #- [ 編集 ]
たかちゃん
ほんとチャレンジャーな二人でした。
こんなことが出来る、というか演っちゃうところに彼らの魅力があるんですね。
それと、ふたりともとても気さくでいい青年でした。
たかちゃんが惚れ込むのもわかります(笑)。

おっしゃるとおり、色んな編成でも聴いてみたいです。
また誘ってくださいね。
ありがとうございました。

KAZZ
2011/02/08(火) 23:12:12 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
ドラムさん 気持ちよいっ
お客さんの近さやギター一本であることをすごく意識した演奏だなあって思います。
こういう人が巧い人なんですね。
2011/02/09(水) 10:01:58 | URL | tama #0p.X0ixo [ 編集 ]
tamaさん
改めて動画を見ると、たしかに歌心を持ったドラミングだなって感じました。

ところで、遠トリの動画案内ありがとうございました。
さすが、良い音でした。
今度、追加で遠トリの動画をアップしてみようと思います。

KAZZ
2011/02/09(水) 22:44:19 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。