KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産リーフ試乗ツアー
 2月から予約していた次世代EV「日産リーフ」のレンタカーで試乗ツアーを敢行したのでレポートしよう。
リーフ試乗
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
浜松では実車がここ日産レンタカーにしかないのだそう。
目的は
1.いち早く電気自動車を体感する
2.走行・回生ブレーキフィーリング、その他静粛性や乗り心地を検証する
3.1回の充電で公称160kmが走行できるのか実験する
4. 充電方法を体験する
といったところだが、ただ遊びに行きたかっただけで理由付けが欲しかったのだったりする。
リーフ試乗 2
外観や内装は通常のクルマと大きく変わることはない。
スタートスイッチがボタン式で、これも最近のエンジンスタートと同じ方法だ。
ただし、ポン♪という電子音がしてイルミネーションが点灯するだけで、セルモーターがブルンと回るわけでもなく、エンジンがブオーと目覚める音がするのでもなく、振動も一切ない、当然だけど・・・。
走行するための操作としては、シフトノブというかスイッチを手前に倒すだけでDレンジになるからオートマチック車と同じだ。このシフト操作をもう一回行うと「ECO」モードに入り、走行がダルになるが、残走行距離が明らかに伸びる。
そう、メータークラスターには常にあと何km走れますよと表示されているのだ。

アクセルを踏み込むと音もなくスーっと動き出す。実に静かである。
だが、これは歩行者には危険であるため20km/h以下ではわざと走行音を外に出すようにスイッチをオンにしている。
聞こえてくるのはタイヤのロードノイズだけ。
風切音もほとんど聞こえない。
ちなみにワイパーのモーターもリーフのために音の静かなものを使っているそうだ。

ブレーキフィールは悪くはない。
100%回生ブレーキだそうだが、かなり通常のブレーキフィールに近づけてある。
ポンピングなどではギクシャクすることもある。
面白いのはブレーキをかけると走行距離表示が伸びるのだ。回生しているのが見えるってスゴイ。

加速は、アクセルを踏み込むとスーっと速度が上がっている。
音がないため、速度の感覚が麻痺する。
ただ、ロードノイズは甲高くなるので全く感じないわけではないが・・・。
このあたりも通常のエンジンにフィーリングを近づけるようにセッティングしているのだろう。
モーターはスイッチオンと同時にフル回転する代物だから、この辺の味付けは過渡期としてのものだろう。
しかし、ベタ踏みするとシートバックに背中が押されるくらいだから、ターボ車に初めて乗ったときの新鮮な感覚があった。
リーフ試乗 3
行程は
浜松駅から国道1号を西に向かい途中ラグーナ蒲郡に立ち寄り、更に竹島に寄ってから三ヶ根山にある山麓園でジンギスカンを楽しむというもの。
往復140kmほどだ。
リーフをレンタルしたときの残走行距離が154kmだったから、このまま帰ってこられるはず。
さて、ここは「ラグーナ蒲郡」のハーバーである。
リーフ試乗 5
天気は上々だったが、朝はまだ寒かった。
でもリーフは電気自動車ゆえ、暖房は電気を食うためエアコンを使用せずに走ってきた。
ま、このくらいの季節なら晴れてればなんとかなるもんだ。
リーフ試乗 6
ここラグーナ蒲郡はラグナシアというアミューズメントとアウトレットモールとで構成されている。
買い物や飲食ならば駐車料金も掛からずリゾート気分が楽しめる。
リーフ試乗 7
デッキはとても気持ちがいいゾ。
リーフ試乗 8
ヨットやクルーザーに乗る事も可能だ。
リーフ試乗 9
中ではスプリングセールイベントを開催していた。
例によって東北・関東大震災への募金も実施。
揚げたいやきを食ったり、土産を買ったりして次の経由地にれっつごぉ。
リーフ試乗 10
ランプ類はすべてLEDだ。
また、当然だが、エキゾーストパイプなどない。
リーフ試乗 11
横幅が小型車規格を超えているため3ナンバーを付けているが、自動車税区分は1リッター未満となるそうなのでマーチより安い。
おまけに減税100%だし、電気は日産やららぽーとなどでは無料で充電できてしまうからランニングコストはほとんどかからないといってもいい。
ただし、充電時間は200Vでゼロから満充電まで8時間かかる。急速充電なら80%/30分だ。
この充電については、方法も含めて携帯電話ほど手軽ではないから課題として残るところだ。
リーフ試乗 12
竹島には久しぶりに訪れた。
少し風が冷たいが渡ってみることにした。
リーフ試乗 13
かもめに餌をやっている人がいた。
かもめはホバリングしながらみごとにくちばしでキャッチする。
リーフ試乗 14

 竹島 八百富神社(HPより)

 八百富神社の祭神は市杵島姫命であり、天照大神が剣を折って霧を出した時に、
現われたと言われている美しい神です。昔はその御前には弁才天を祭っていました。
相州江ノ島や、江州竹生嶋、芸州厳島と共に、日本七弁天の中の1つとして数えられ、
開運・興福を司り、安産の守護神としても祭られています。
 1181年3月18日に、藤原俊成が地方開発、産業発展のために福神である市杵島姫命を、
江州竹生嶋から勧請しました。霊験が顕著で参詣者は常に絶えなかったと言われています。
また、拝殿に現在もある竹は俊成が竹生島から移植したものと伝えられています。


この島を一周してきた。
いい運動になるな。ハァハァ。
リーフ試乗 15
島には4つの神社がある。
リーフ試乗 16
海に浮かぶ神の島。
引き潮だったので浜から歩いてくることも出来るようだ。
リーフ試乗 17
さて、最終目的地に向かうとしよう。
リーフ試乗 18
三ヶ根山の中腹にある「山麓園」にやってきた。
上り坂では電費がかなり落ちる。
残50kmしか走れないと表示されている。
大丈夫か?
まあ、まず腹ごしらえだな。
リーフ試乗 19
ここ「山麓園」は、100近くある醸造樽の中でジンギスカン料理を練炭で楽しむ、野趣あふれる演出がなされている。
昭和34年に開店しているが、跡継ぎの問題でなかなか経営が厳しいとオヤジさんが語ってくれた。
「俺やろうかな」などと軽率に考えてしまったが、この広さはハンパないから手入れだけでも気が遠くなりそうだ。
リーフ試乗 20
こうして食べる料理はほんとにウマイ!
カップルには最高のシチュエーションとなること間違いなし!
リーフ試乗 21
樽の窓からは三河湾が見渡せる絶好のロケーション。
しばし、のんびりとする。

さて、帰路に着くか。
今度は下り坂のため、電気を回収して残走行距離が60km以上に伸びていく。
これなら充電なしで帰れそうだが、かなりハラハラすることになる。
実際、浜名バイパスを走行中に残り20kmになり、その瞬間アラートが鳴り、ナビには勝手に給電できる施設が表示される。
また、残走行距離は表示されなくなった。
こいつはかなり不安だ。
なんたって、ガソリンのように道路の途中で補給することができないのだ。
仕方ないので、ECOモードで向宿の日産に立ち寄って充電体験。
リーフ試乗 22
日産の店の人も初めてだとのこと。
とりあえず10分だけ充電してみたが、表示は相変わらずだった。
でも、無事返却~。

総括すると
当初の目的はすべてクリアできた。
まず、動力性能は予想以上によくできている。
中もティーダ同様広々としていて音楽も小音量で十分楽しめる。
そして走行距離もカタログ通りといえるが、1回の充電で160kmはやはりドライブするには少々足りない。
また、渋滞でエアコンを使用していると50kmくらいしか走行できないようなので注意が必要だ。
充電はケーブルが重く、雨や寒い日など外でこれをセットするのはストレスとなりそう。
ランニングコストはほとんどかからないが、車両価格は実質298万円(補助金77万円込み)なので、エンジンやミッション、ラジエターやマフラーがない車の割にはお高い。
しかし、いずれこの辺の問題はクリアされていくことだろう。
今は原発問題によって電力供給不足となっていてEVには逆境となるが、やがてこうしたEVが一般的な乗り物になるのは時間の問題ではないだろうか。

あなたはEV派?
それともエンジンとモーターの両方を積んだ車派?
いやいや、大排気量のエンジンを積んだ車派?

自転車派だったりして・・・。




















スポンサーサイト
コメント
コメント
いいですね
マイカーの新しい選択肢ですね!
動力系はかなり内燃機関の代わりとして成立しつつありますが
やはりバッテリーの性能からくる航続距離とか空調のあたりで
もうひとがんばりというところなんでしょうかね!?

まだまだ未来の乗り物的なイメージを抱いてしまう一方で
フォークリフトなどの産業用機械や鉄道車両のジャンルでは
われ関せずとばかり独自の普遍的進化をしているのも
面白いところです。

2011/04/12(火) 23:27:26 | URL | Hiroshi #RaJW5m0Q [ 編集 ]
Hiroshiさん
韓国で高性能な蓄電池が開発されたらしいし、テスラのEVは0-100km/hを4秒台だそうですので、内燃機関でのわずかなスペック向上に一喜一憂しているのは滑稽になりそうです。
そうそう、工場でエレカに乗ったりしましたが、ゴーカートばりに楽しかったですもんね。
あとは、価格が100万くらいになれば一気に普及するでしょうね。

それまでの間、軽とVWで繋いどきます。

KAZZ
2011/04/13(水) 19:19:29 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。