KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五十嵐浩晃&CRaNE
知ってるかい?
「五十嵐浩晃」。
’80年(31年前)に「愛は風まかせ」という爽やかな曲でデビューし、そのあとの「ペガサスの朝」はもう大ヒット。
その頃の歌謡曲にはなかった旋律と、ごく普通の男の子が搾り出すように歌うという姿は、当時とても新鮮だった。
もちろん、TVの歌番組でのこと。

そのリアル「五十嵐」をひと目見ようと市野イオンに出かけたのだ。
五十嵐浩晃&CRaNE
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
五十嵐浩晃&CRaNE 。
クレインの最新ミニアルバムの4曲はすべて五十嵐浩晃の作曲で、随所に五十嵐エッセンスが感じられる爽やかな仕上がりとなっている。
市野イオンのセントラルコートのステージバックにはHITACHI製の液晶パネルが常設されていて、ここにデータを映し出すことが可能となっている。
五十嵐浩晃&CRaNE 2
早苗(Vo)。
大先輩を立てたステージングに徹していた。というか五十嵐大先輩は結構ご自由に立ち居振舞っていらした(笑)。
五十嵐浩晃&CRaNE 3
昇吾(Gt)。
五十嵐の歌う曲にナチュラルトーンでオブリガードを入れていた。

五十嵐浩晃&CRaNE 4
五十嵐浩晃(Vo&Gt)。
うわー、歳取ったな~って思ったけど、俺も彼とは年齢がほとんど同じということを考えれば一緒に歳取ってんだよな~。
ショッキングピンクのシャツが似合うとかどうとかはどうでもよくて、その歌は31年前の感覚に一瞬でトリップする。
怖いもの知らずで将来に夢を持っていた自分と仲間達がふわっと目の前に現れた。
「ディープパープル」を弾き語りで歌ったのだが、ほんとうに惹きこまれたなあ。
周囲の騒音が全く聞こえなくなっていた。

このあと、彼はステージから客席まで降りて満員の観客を煽った。
五十嵐浩晃&CRaNE 5
そしてクレインも「ペガサスの朝」で観客を煽動した。

五十嵐浩晃は北海道出身で現在も北海道を中心に活動されている。
クレインは浜松のインディーズユニットだが、これからもこの絆で各地で演奏を展開していくことだろう。






スポンサーサイト
コメント
コメント
お初にコメントさせて頂きます
7月30日、壮瞥町のお祭りイベントライブに、五十嵐浩晃が、出てました
他にも、元ふきのとう、細坪さん&堀江淳&voiceの3組と、20分の持ち時間で4組
ペガサスの朝も、良かったんですが、私は、インディアンサマーが、すごく良かったです
感覚的に、ぴったり、はまったんで、思わず、ゴールデンベストを、amazonから買っちゃいましたよ~
一緒に行った、友人も、はじめて聴いたようで、どこかで、ライブあったら、是非行きたいと言ってましたね
2011/08/05(金) 03:59:57 | URL | tanpopocyan #- [ 編集 ]
tanpopocyanさん
コメントありがとうございます。
五十嵐浩晃さんの地元に近いところとはいえ、壮瞥町のお祭イベントはすごいですね。

インディアンサマーという曲は知らなかったのですが、YOUTUBEで聴くとボサノバタッチのいい曲ですね。
彼らの曲は今聴いても色褪せを感じさせない名曲がいっぱいありますね。
そのDNAをCRaNEのような若いアーティストが継いでくれるといいなと思ってます。

ご訪問ありがとうございました。

KAZZ
2011/08/05(金) 12:15:15 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。