KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わりのうなみかん #4
去年は聴けなかったけど、今年は聴くことができたこの人「藤縄てつや」。
通称「なにわのテツ」。
夏の終わりのうなみかん 28
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
おもろい!
まずはリゾネーターギターを使って笠置シヅ子の「買い物ブギ」を…ド速い演奏で披露。→「買い物ブギ」
MCも関西芸人ノリで、人間味あふれるキャラクターには親しみがわく。
そして、エレキギターを買ったといって「やりたかった」というこの曲のリフが始まった。→Foxy Lady?
最後はこんなブルースで締めくくられた。→Any Time
エンターテイナーな人だ。

このあとは、外でショータイム。
夏の終わりのうなみかん 30
なんと幻想的だろう。
キャンドルでほのかにライトアップされたステージは、先ほどの通り雨で濡れた地面に敷かれたシート。
3人のベリーダンサーが激しいリズムに合せ、情熱的かつ官能的に体をくねらせて踊る。
何度か観たベリーダンスの中でも特に印象に残るものであった。

夏の終わりのうなみかん 31
村治進&ヤマザキヤマト。
昨年はヤマザキヤマトのソロだったが、今年はスティールパン奏者の村治進が参加してより重厚な響きを出していた。
ほかではこんなサウンドは聴けないから、貴重な体験をさせてもらった。

夏の終わりのうなみかん 32
「ききまたく」。
浜松出身で現在東京で活躍しているという聞間拓は、昨年このうなみかんで初めて聴いて、その圧倒的なパワーに軽い感動を覚えた。
その感動は今回も衰えていなかった。
元気や勇気をもらえるこの曲を聴いてみよう。→応援の唄
夏の終わりのうなみかん 33
俺にはまぶしすぎる男だ。

夏の終わりのうなみかん 34
そして、俺が高校生のときに人生が変わるほどの大きなインパクトを受けたこの方は「いとうたかお」。
夏の終わりのうなみかん 35
歳を重ねてなおカッコイイ!
なかなかこういう人にはお目にかかれない。
強い精神が宿っているからに違いない。

夏の終わりのうなみかん 36
窓は真っ黒になって、いよいよラストシーンに進む。
主催の富安氏の登場だ。
彼は、これだけ大勢の知り合いミュージシャンを全国から呼んで、転換時はすべてのアーティストの紹介をしてきた。
なんという人望だ。
夏の終わりのうなみかん 37
1曲演奏するためにはるばるやってきた男も大勢いるのだ。
夏の終わりのうなみかん 38
演奏を通じて一度繋がった人とは固い絆が結ばれる。
それが音楽の力。
音もダチなんだ。

また来年もみんなと会いたい。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。