KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初詣
 ウチでは、1月下旬に初詣する習わしとなっている(いや、なってきた)。 鳥居
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
「遠江國一宮 小國神社」だ。遠州地方では、この小國神社と法多山が初詣のメッカとなっており、正月は参拝者でごった返す。 
境内

ちと、調べたウンチクを。
祭神は「大己貴命」(おおなむちのみこと)といって、神話「因幡の白うさぎ」のなかで、赤裸のうさぎを助けた心やさしい神様として有名だ。
1450年以上の歴史を持つ由緒ある神社だそうだ。
開運福徳縁結びの神様とされていて、アヤカリタイ人たちが、次々とわずかな賽銭でずうずうしい願掛けをしていくのだ。 
祈祷

もちろん、自分もその一人(^^;
そして、境内にあるおみくじの販売機(百円を投入して勝手に中のひとつを取る無人信用方式)から引いたおみくじは・・・<大吉>・・・。 
おみくじ

<大吉>が一番いいに決まってる。しかし、大吉は良しとしない風潮もある。つまり、頂点の運勢なので、後は落ちるだけってことらしい。
いいじゃん、来年も再来年も<大吉>を引きゃあよ!

・・・さて、戻ろう。 
森

入り口の鳥居から神社までの参道の両側は、鬱蒼とした森林だ。
iPodでアンビエントな音楽を聴きながら歩いていたら、神々しい雰囲気に包まれてきた。
年の初めは、悠久の歴史に包まれて、穏やかに過ごせるだろう。
なんつったて<大吉>だもん。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。