KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラネタリウムでライブ
2月4日。
浜松科学館の最上階にプラネタリウムがある。
星空を投影するだけではなく、コンサートとコラボする企画もあったりするのだ。

その企画のひとつとして「星空のジャズコンサート」がおこなわれた。
夕方、開館を外で待っている間は寒さで凍えそうだったが、こんな寒い冬のほうが星空がよく見えるのだろうと空を仰いでみたが、街明かりが邪魔をしてほとんど真っ暗。あちゃ・・。ブルブル・・。

定刻に門が開き、中へ飛び込む。
そういえば、以前にもクラシック系のコンサートとプラネタリウムを観たことがあったなあ。
今回は「Jazz Dialogue+☆」。

まずは、この時期の星座とお話が繰り広げられて、ライブ開始。
これを2部構成で展開される。
オレ、こう見えても(どう見えるのかわからんが・・w)ロマンチストだぜぇ。

だけど大昔の先人達は、ほんとに星座を見て”大きな熊”や”こん棒をもったギリシャ神話的人物”にみえたのかねえ?
プラネタリウムの星座に絵が描かれると「なるほど~」とは思うけどさ。
え?どこがロマンチストだ?
いやいや、もっと科学的にロマンを語る方が好きなのさ。
例えば、今光り輝いて消えた星があったとすると、それは実際には何億年も前に消滅していた星の最期の瞬間を見たのだよ、とかさ。更に、光より早い乗り物があれば、もう一度その瞬間を見に行くことができるんだ、とかね。
ロマンだろ~。

と、それはさておき、プラネタリウムの鮮やかさに感動した。

そして、「Jazz Dialogue+☆」の演奏は超リアルな生々しさがあり、フッと我に帰り安心できる。
パーカッションの☆こと星合氏の演奏は非常に控えめでありながら、効果的にリズムを刻んでおられた。
藤森氏のエレピも少々幻想的な感覚の音色だった。
そこに麻美さんの声が乗っかると、生命の神秘を考えるきっかけをくれる。
宇宙というと「冨田勲」のシンセサイザーという印象があるのだが、「Jazz Dialogue+☆」の演奏は、宇宙の中の地球という舞台での視点であることがよくわかる。

実はこの「Jazz Dialogue」のプラネタリウムコンサートは今年で2回目となる。
大人気で昨年はチケットが確保できなかったのだが、今年は麻美さんのおかげで足を運ぶことができた。
真冬にこんなすてきなライブを堪能できてよかった。
ありがとうございました。

「Jazz Dialogue+☆」
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
演奏中は撮影禁止なので、演奏後にプラネタリウムの前で。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ステキなレポート、ありがとうございます。

おかげさまで、来年もやらせて頂けることになっております。
2013年2月9日(土)
皆さま、お楽しみに~v-484
2012/05/21(月) 20:19:24 | URL | ☆(ほしあい) #PzYVIlwM [ 編集 ]
☆(ほしあい)さん
 今思い出しても、夢見てるような心地よさでした。
もう一度味わいたくて、その後平原綾香のプロデュースによる星空プログラムを見に行ってしまいました。
来年の予定を早めにいれておきまーす!
ありがとうございます。

KAZZ
2012/05/21(月) 20:59:16 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
ロマンティストのKAZZさま♪
  
レポートをありがとうございます!
あの日、寒い中、開館を待ってくださっていたんですか...(;_;)
本当にありがとうございます。

この一か月の間に2名の方から、
「プラネタリウムで歌っていた方ですか?すごくよかったです!」と声をかけられました。
そうしたら、思いがけずKAZZさんのブログにも・・・
なんだか、不思議な感じです。

来年2/9も、よろしかったら、ぜひお越しくださいませませ♪♪♪
2012/05/22(火) 09:40:09 | URL | asami #hMsimftE [ 編集 ]
asamiさん
いやいや、寒さこらえるロマンティストだぜぇ~。
演奏者と目を合わせることのないライブは、気楽な反面ちょっと物足りない感じもありますが、とにかくあのリラックスできる空間は他では味わえないものでした。
音場としても極上ですし、選曲も特別なので来年も今から楽しみです。
本当にありがとうございました。

KAZZ

2012/05/22(火) 22:11:25 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。