KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一目惚れ
 この歳になるとそう簡単に惚れることもない。
が、物欲は結構強いほうなので一度惚れ込むとなんとしても手に入れたくなってしまう。
したがって、高嶺の華は初なっから見ないことにしている。

妻が、「自転車欲しい」というので、近くのアサヒに覗きに行って、本人が気に入ったこいつを購入してきた。
ルノー自転車
PENTAX DA21mm/F3.2
RENAULT(ルノー)ブランドのいわゆるママチャリだ。
購入の目的は、健康とガソリンの節約、と環境・・までは言わなかったか?


さて、本題はここから。
妻の自転車を店で検討しているときに、何気なく見てしまった自転車が、久しぶりに俺の物欲魂に火を付けた。
もちろん、大人~な俺は「これ、おしゃれだよね」と言いつつ妻の顔色を伺っただけで店を後にしたのだよ。


実は LOUIS GARNEAU(ルイガノ)のクロスバイクに乗っているのだが、ポタリング向けチョイ乗り用にミニベロが欲しいと以前から思っていた。
クロスバイクと同じメーカーのルイガノにはMV-1という洒落たミニベロがラインナップされていて、いつか手に入れたいと思うアイテムだった。
その想いを一気に塗り替えてしまった「一目惚れ」のミニベロがこいつ。
Bianchi minivelo7
SONY ERICCSON URBANO AFFAIRE(携帯写メ)
Bianchi(ビアンキ)Minivelo7
そう、翌週には買ってしまっていた。
半額小遣いから拠出という条件で・・・ウウ。

このスタイルは、特別目新しいものではない。
ではナニが決め手かというと、ズバリ、この「チェレステ・クラシコ」という色によるレトロな雰囲気なのだ。
実に所有欲をそそるではないか。
フレームはクロモリでジョイント部は溶接丸出しではなくキャップ式となっているので、重量も11.3kgとメチャ軽いという程でもない。

肝心の走りはというと、ミニベロらしく漕ぎ出しは非常に軽く、小回りが良い。
これは裏返すと、直進安定性に欠けるとも言える。
2日間程、往復16kmの通勤に使ってみたが、クロスバイクに比べて本気で漕がなくていいぶんだけ足への負担が少ないと感じた。
ただし、グリップがチャチなので掌が痛くなった。これはグリップ交換すれば改善されるだろう。
ペダルが小さめだとか細かいイチャモンつけるところはあるけれど、街乗りには本当にモッテコイ的な自転車である。

おっと、ライブレポートが滞っているのに、こんなネタ書いてる場合かって怒られそう・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。