KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gerry祭り(続)
続きなのです。

gerry祭りのラストはやっぱり「Violet Brass」。
彼との出会いもこの「Violet Brass」。
メンバーで、一際精彩を放っていたgerry。
長身な彼は、大きなバリトンサックスを振り回し、アフロにサングラスというキャラでエネルギッシュに動き回っていた。
野外でのライブが多い「Violet Brass」は、子供たちにも大人気で、特にgerryには常に子供たちがまとわりついていた。
gerry祭り(続) 1
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
gerryにとってもこのViolet Brassでの演奏がラストとなるのだ。
gerry祭り(続) 2
当然、彼のオリジナル曲からスタート!

ここから、VBのメンバーをそれぞれ紹介しよう。
gerry祭り(続) 3
K8(Sax)。
フロントのサックスは3人いる。
そのうちの一人で、アルト担当のK8は、歌も歌う。
gerry祭り(続) 4
Guzzy(KB)。
この前に演奏した「Midnight Junk」ではヴォーカルも務めていた。
VBのバンドロゴやライブの案内デザインなども手がける非常に多彩な方なのだ。
gerry祭り(続) 5
Hide(B)。
ジャパンビンテージ大好きなベーシスト。
ソロではブリブリにエフェクトをかけて周りを鼓舞する。
gerry祭り(続) 6
moppi(Ds)。
人数が多いため、ときどきしか見ることができないのが、このmoppiと先ほどのベースのHideである。
しかし、このバンドのリズムをキチッと支えているのだ。
gerry祭り(続) 7
Cozy Roy Muller(Sax)。
テナー担当で、動き回りながらのソロは圧巻である。
gerry祭り(続) 8
keeyoh(Gt)。
ソロでは俄然歪ませたサウンドで自己主張を怠らない孤高のギタリスト。
gerry祭り(続) 9
セニョール・タカ(Gt)。
もうひとりのギタリスト・タカもソロではブイブイ言わせる。
ときどきkeeyohとのバトルも行う。
gerry祭り(続) 10
K.D(Tp)。
Violet Brassにはトランペッターが3人いる。
そのうちの一人だが、謎が多い人だ。
gerry祭り(続) 11
Keith(Per)。
VBのメンズでバンマス以外で、唯一黒スーツでない衣装を許されている男。
インドのガンジス川で沐浴したときからこの特装となったようだ。
悟りを開いたこの男は、民衆に祈祷をあげてくれるアリガタイ方となっている。
その他、不思議なパフォーマンスでVBの幅広さをアピールする。
gerry祭り(続) 12
Hiro(Tp)。
バンマスが多忙で留守のときは代行となってバンドをリードする。
gerry祭り(続) 13
Mayu先生(Tb)。
前出の「よしよし団」でもトロンボーンを演奏していた。
VBにおいてはプレイヤとしては紅一点となる。
gerry祭り(続) 14
COMMA(Tp)。
シマシマスーツにポルナレフばりのサングラスで、一際目立つこの男こそVBの生みの親である。
アイデアに富んだステージングと絶妙なアレンジで、観客を楽しませることだけを常に考えるサービス精神旺盛なバンマス。
歌も歌うが、ハイトーン炸裂のトランペットとMCがすばらしい。
gerry祭り(続)15
Tae(Vo)。
熱血オヤジバトルコンテストで、見事ベストプレーヤーに選ばれた彼女の堂々とした歌いっぷりに感動する。
が、メンバーと一緒に踊りまくるお茶目なところもあるのだ。
gerry祭り(続) 16
いつも通りのパフォーマンスを披露するgerry。
gerry祭り(続) 17
観客へのコミュニケーションも忘れない。
gerry祭り(続) 18
餌食を食して帰還するgerryたち。
会場は大盛り上がりだ。
gerry祭り(続) 19
Taeから花束とハグがgerryに贈られる。
gerry祭り(続) 20
このときgerryは何を考えていただろう。
gerry祭り(続) 21
7年間在籍したViolet Brassを脱退し、故郷に戻るgerry。
名残惜しいが、永遠の別れではないから、みんな笑顔で送り出すように努めた。

このあとは、gerryが予め、楽器を持ち寄って課題曲を演奏するように呼びかけていたため、プレーヤーたちによるセッションが繰り広げられた。
それはそれはとても沢山のプレーヤーが代るがわる演奏に参加していった。

浜松のプレーヤーと積極的にコミュニケーションをとった彼は、この地にはなくてはならないほどの存在になっていた。
その彼が故障に帰ることは、いつか訪れることではあったのかも知れない。

もちろん、バリトンサックスを辞めるわけではないから、きっとまた我々の前で演奏してくれる時がくるだろう。

大丈夫、帰る場所がある。
そのときまでじっくり待っていよう。

ありがとう。
gerry。


スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございます
カズさん、ジェリー祭りにお越しくださいまして本当にありがとうございました♪
そして二回にわたっての素敵な写真とレポート、本当にありがとうございます

三ヶ月経った今でも鮮明によみがえってきます。皆さんの愛にあふれたありがたすぎる本当に素敵な会でした。

浜松、また帰ってこれる本当に大好きな街です。
また近いうちに帰ってきますのでまたその日まで…

2012/08/07(火) 18:14:42 | URL | gerry #- [ 編集 ]
gerryさん
やっとこのgerry祭りを報告することができました。
長らく待たせてしまってすみません。

先日のザザステージでGHと一緒に演奏していたのを拝見しましたが、まったく違和感がありませんでしたねw。

また会える日を楽しみにしてます。

KAZZ
2012/08/07(火) 21:33:31 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
わおっ!
実はmoppi(Ds)とKeith(Per)とは古い知り合いでございます。

moppiは中3の頃のクラスメイトです。(笑)
Keithさんが高校生の頃に結成したバンドに(Keithさんが脱退した後でしたが)僕がメンバーに加入していました。

この二人が一緒にバンドをやっているのが僕は不思議であり、嬉しいのであります。

今年になって二人と再会することができました。
2012/08/30(木) 21:43:02 | URL | BIN #YCA.MdOM [ 編集 ]
BIN さん
おや、そうでしたか。
BINさんと彼らは同い年?
いや、なんでもありません・・。
VBのメンバーさんたちとは色々なご縁がありまして、皆さん懇意にしていただいてます。
みんながこうして頑張ってくれている姿を見てるとほんとに嬉しい限りですし、力をいただいてます。
ありがとうございます。
KAZZ
2012/08/30(木) 22:34:28 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。