KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松アクト祭り
 昨年は震災の関係で大きなイベントが次々に中止になった。
「浜松まつり」もそのひとつだ。
今年は、復興を基軸にほとんどのイベントが再開された。

浜松アクト祭りも例外ではない。
浜松アクト祭り
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
御殿屋台の彫り物だが、昼間見るとその素晴らしさが良く解る。
浜松アクト祭り2
これは凧揚げの様子をジオラマにしたものだ。
駅前に、御殿屋台とこのジオラマが展示されていた。
浜松アクト祭り3
ここは、アクト大ホール前のサンクンプラザだ。
常設ステージでは和太鼓が鳴り響いているが、その横をすり抜けてガレリアモールで向かった。
浜松アクト祭り4
エスカレータを上がると、すでに演奏が始まっていた。
シャレオツな雰囲気のモールエリアだ。
浜松アクト祭り5
「Rayneeds」
以前から気になっていたこのユニットを、やっと聴くことができた。
結成1年という2人のアコースティックユニットだが、お互いの音楽活動歴は長いらしい。
浜松アクト祭り6
「洋-HIRO-(Vo&Gt)」。
優しい声色に巧みなギター演奏。
ギター講師もしており、MCもお手の物である。
浜松アクト祭り7
「SHIN(Djembe&Cho)」。
学生のとき、ドラム講師を務めていたこともある。
現在はインディーズ・レーベルを運営し、ドラムやパーカッションを演奏している。

「Rayneeds」として既に4枚のシングルをリリースしており、それぞれ静岡に関係する機関のテーマソング等に起用されている。
そんな立派な経歴を持った彼らだが、気負ったところもなく音楽を楽しむ姿勢が好感なのだ。
掛川を中心に活動しているため、あまりお目にかかれないが、曲調が好きなので応援していきたい。

浜松アクト祭り8
そして「Spoon」。
当ブログを見てくれている人なら説明不要のJ-POPユニットだ。
浜松アクト祭り9
こ~すけ(Gt&Cho)。
4枚目のアルバム製作に取り掛かっているようだ。
だんだん髪の毛が短くなってきている。
芸能人って、認知度が高くなると派手なメイクからナチュラルになっていくでしょ。そんな流れ?
浜松アクト祭り10
めぐみ(Vo)。

たまに噛み合わぬMCも笑えるが、演奏はいつもと変わらぬクオリティ。

浜松アクト祭り11
サンキュー手塚。
演奏の転換中はとなりのスペースで大道芸パフォーマンスが行われた。
初めて拝見したが、技巧を前面に出したパントマイムとはちょっと違って「愛」というテーマを強く感じたのが印象的だった。
もっと見てみたいなぁ。

浜松アクト祭り12
「おっく(Vo&Gt)」。
ハイトーンとソロギターで初めて聴いた人をビックリさせる。
浜松アクト祭り13
2年前の神谷幸恵のザ☆オーディションで初めて聴いたときには、俺もブッ飛んだのを覚えてる。
曲に入る時の集中力はハンパない。
観客も息を止めているのがわかる(笑)。

浜松アクト祭り14
遥奈(Vo&KB)。
この春、高校を卒業したばかりなのに、このオーラ。
浜松アクト祭り15
裸足でKBのペダルを操り、歌う。
キャピキャピの欠片もない。
どういう高校生活を送ってきたのだろう?
浜松アクト祭り16
オリジナル曲は、身近なテーマから重いテーマまで様々だが、弾き語りで聴く人の胸を振動させてくる。
浜松アクト祭り17
オリジナル曲「春と消えた」。
こういう空気感、割と好きだが、パブリックスペースでは集中しづらいので箱でじっくり聴きたい。

4組の地元で活躍するアーティストを一度に聴けて、お腹一杯。
マンゾクじゃ~。

浜松アクト祭り18
中央に向かう途中のサンクン・ガーデンでは、遠州太鼓が演奏中だ。
例によって周囲にはテントが設置され、様々な国の食べ物が楽しめるようになっている。
浜松アクト祭り19
鍛冶町大通りはすでに御殿屋台がスタンバイしているゾ。
昼間見た彫り物は、ライトアップされているとはいえ細かいところまでは見ることができない。
浜松アクト祭り20
闇に浮かび上がる屋台の明かりとお囃子が、ゆっくり移動する様は非日常の極みだ。
その横では、激練の若衆の「おいしょ!」という掛け声とラッパの音色が響く。

浜松祭りは、勇壮な凧揚げと、この市中の御殿屋台の引き回しが見処だ。
個人的には、これにプラスして浜松にゆかりある演奏家なんてのが、浜松まつりの見処として定着しているけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。