KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレ葉ウォーク インストアライブ #3
 5月20日。 この日のインストアライブは、今までとちょっと違っていた。
プレ葉ウォーク インストアライブ #3
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
TVや新聞社等メディアが取材をしているようだ。
TVカメラのレンズの先にいらっしゃるのは・・・
プレ葉ウォーク インストアライブ #3 2
3.11の東日本大地震によって発生した津波により、壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市田老に住んでいた、津波の「語り部」田畑ヨシさん(86)だ。

「命てんでんこ」。
昭和8年に三陸地震津波を体験し、祖父から教えられたこの言葉を実行し、命を繋いできた実体験を「手書きの紙芝居」にして20年に亘り、次世代に語り継いでこられたのだそうだ。

いつもはザワザワしている会場だが、ヨシさんの紙芝居が語られ始めるとシンと静まった。

紙に描かれたリアス式海岸の漁師町の風景や部屋でくつろぐ家族が、地震の直後に襲う”つなみ”に全てのみ込まれる様子を自身の体験談とともに、淡々と語られてゆく。

「命てんでんこ」とは、この地方の言葉で「家族ばらばらになっても自分の命を守れ」という意味らしい。
家族がみえなくなっても、決して戻ってはならない。
この津波で母を失ったヨシさんの重みのある言葉だ。

ヨシさんの紙芝居が終わると、詰めかけた多くの人たちから大きな拍手がおこった。嗚咽も聞こえる。
ヨシさんのこうした地道な活動によって、平成23年に起きたM9.0という巨大地震による津波で「命てんでんこ」に助かった人たちが多くいたのだという。
先人の教訓は、100~150年のサイクルで起きるといわれる天災に有効だったのだ。

「サスライメイカー」というポップユニットが、ヨシばあちゃんの昨年の津波被害の直後に書いた「海嘯(つなみ)鎮魂の詩」に曲をつけて歌った。
プレ葉ウォーク インストアライブ #33
ゆっくり詩を噛み締めるように歌われるこの曲には、琴線を鷲掴みにされた。
プレ葉ウォーク インストアライブ #34
「サスライメイカー」。

『リーダーの磯部俊行(Vo)とヨシばあちゃんの出会いは、2010年のこと。
当時、映画の主題歌や挿入歌、劇中の音楽を担当していたので、宣伝活動のために岩手の宮古市を訪れ、ヨシばあちゃんに会い、オーラを感じた。
翌年の震災後テレビを見ていて、助かったヨシばあちゃんが映し出されるのを見たときに息が詰まった。
いてもたってもいられず、メンバーとスタッフを巻き込んで、1日で集めたとは思えぬ多くの義援金と必要な救援物資を集めて、岩手への支援バスに乗り込んだ。
歌を届けるためにギターケースも抱えていった。
しかし、被災地の惨状を目の当たりにし、歌など迷惑ではないかと悩んだ。
そんな葛藤の中、被災者の前で恐る恐る届けたかった歌を、目を閉じて歌った。
歌い終わって目を開けると、それまで気丈に振舞っていた皆が泣いていた。
その時彼は確信した。
歌の力を。』
―以上、サスライメイカーのHPより要約―
プレ葉ウォーク インストアライブ #36
じっと聴き入るヨシばあちゃん。
プレ葉ウォーク インストアライブ #37
ところで、このサスライメイカーというユニット、初めてだが、勢いもあるしエネルギッシュなステージングでVoの声も抜けがよくて聴きやすい。
いいバンドだ。

そうそう、このつなみの紙芝居を見て思い出したのは「いなむらの火」という別の紙芝居だ。
こちらは、1854年の安政南海地震津波が和歌山県を襲ったときの物語だ。
当時、暗闇に起きた大地震で津波がくることを悟った庄屋が、村人の逃げ道を知らせるために、大事な「稲むら」に火を放った。
多くの村人が助かったが、家や家財が流されて途方にくれる。
庄屋は私財を投じて村人に堤防を作ることを提案し、村は見事復興を果たした。
その92年後の昭和21年の南海大地震によって、再び大津波が和歌山を襲ったが、この堤防のおかげで大部分が被害を免れた。
という内容だ。

これらの教訓は、恥ずかしながら最近(8年前)知った。
知ったからには、誰かに伝えていかなくてはね。
これ読んだら、誰かに伝えておくれ。

プレ葉ウォーク インストアライブ #38
地元からは「おっく」が出演した。
「おっく」は薬物乱用防止に協力している。

ニューアルバムを要約手に入れることができた。
得意のギターインストナンバーも入っており、しばらくヘビロテだ。



スポンサーサイト
コメント
コメント
うヮ~ サスライメーカーだぁ~!!とまたまた感激
この日私も行きました。
NHKニュース映ちゃった。(エヘッ)
前日は、天神蔵liveでしたよね。

海嘯鎮魂の詩。。。泣けます。
ロンドンオリンピックでも磯部くん歌ってきたようです。

私は、ドラムの遠藤さんが大好き!!
終わってから、向こうから話しかけてきてくれて、写真も一緒に撮っちゃって嬉しくて嬉しくて「miki感激~」(古っ!)

おっくも頑張ってます。


2012/08/16(木) 10:01:06 | URL | miki #- [ 編集 ]
mikiさん
え?会場にいたの?
ニュースで俺も映ってたよ。
ロンドンでも歌ったんだ。反応はどうだったんだろ?
サスライメイカーのドラムというかパーカッションの子は終始笑顔でいい感じだったね。

また会おう。

KAZZ
2012/08/16(木) 21:43:09 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。