KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
singing night ~わおんぷろじぇくと企画~
6月30日。
田町のKJホールで行われた企画ライブに行ってきた。
singing night
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
KJホールはハ~ミット・ドルフィンの階上にあるのだが、間口の狭い入口は非常にわかりづらいので、注意が必要だ。
singing night 2
「オリジナルカツ」。
いや~、ひさしぶりだ。
それより、会場にはインド人と思しき人たちが大勢いて、外国で日本人が演奏してるのを見ているような錯覚に陥る。
singing night 3
岡林(Gt)。
最近、彼のギタープレイを聴く機会が少なくなっていて、今回は貴重なライブだ。

singing night 5
持ち込みOKとのことで、同席させていただいたテーブルで、みかげさんお手製サンドイッチなどをご馳走になった。
これ、ラップに巻かれて半分にカットされているので、下から指で押し出して食べられる工夫がされている。
全く手が汚れない上に、具がこぼれる心配もないからスゴイ!
ごちそうさまでした~!
singing night 6
「C-apri」。
ビートルズのカバーバンドとのこと。
あまり伝わってこない感じ。
インドの方たちはどう感じただろう?
singing night 7
「Jhon☆Paradise」。
70~80年代の日本の名曲をピアノ伴奏のみでしっとりと歌い上げるユニット。
singing night 8
Chiharu(Vo)。
伸びのある歌声に、懐かしさが手伝って夢見心地になる。
singing night 9
矢野正道(P)。
当時の原曲ではなく、アレンジされて洗練さが増している。
singing night 10
先日、おとぎ草子で観た「成島☆夫妻」のダーリン君。
英語の歌では、インド人が多くてアセっておられたが、なんの堂々としたものだ。
singing night 11
奥様は、当然、臨月状態で演奏。
ちょっと心配だったが、見事に演奏されていた。
singing night 12
そして「マドバンド」の登場。
研修で日本を訪れてているインド人の方々が演奏をするのだ。
singing night 13
彼女が「マド」さん。
ベースの東さんのところに、彼女がベースを習いにやってきたそうだ。
ベースもすばらしいそうだが、歌がうまいことを知った東さんが彼女にライブを勧めたのだとか。
本人はベースは恥ずかしいと言い、歌の披露と相成った。

で、当然英語だけど、確かにうまいね。
日本語もカタコトではあるが短い期間で通じるようになっていた。
singing night 14
彼女を応援に駆けつけたインド人の皆も盛り上がっていた。

日印国交ができた。
音楽はこれだからスゴイのだ。










スポンサーサイト
コメント
コメント
音楽は国境と言葉を超える!
太字の文本当に素晴らしい事です。
2012/08/26(日) 13:51:30 | URL | maa #a1dgxDv6 [ 編集 ]
maaさん
まさしく、それを肌で感じられます。
利害関係以前の人類関係においては、共通できるもの、例えば抽象的だけど「心」で、誰とでも繋がれますね。

すばらしい機会を提供してくれた東さんに感謝です。

KAZZ
2012/08/26(日) 18:30:19 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
GTO
2012/08/30(木) 19:40:44 |
2012/09/13(木) 20:39:59 |
2012/09/14(金) 21:47:21 |
2012/09/20(木) 14:24:41 |
2012/09/21(金) 13:11:37 |
2015/03/06(金) 23:49:36 |
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。