KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vagat@サロコン
7月21日。
いつもお世話になっている磐田サロコンで、面白いライブが聴けた。
2012_0721Vagat
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
夜サロコンはこの場所でおこなわれる。
くわしくはこちら→サロコン情報室
2012_0721Vagat2
「Vagat」。
「ヴァガット」と読む。
見ての通り、ヴァイオリンとガットギターからとったユニット名だとわかる。
この楽器のアンサンブルってありそうで見ないんだよね。
ジャズヴァイオリンではステファン・グラッペリとジャンゴ・ラインハルトが有名だけどね。
彼らの選曲は、もう昭和歌謡から映画音楽まで実に幅広い。
これだけ様々なジャンルを演奏しているのに、なぜか各曲の親和性が高いのは驚きだ。
2012_0721Vagat3
Hase(Gt&MC)。
敢えてMCを担当に入れた(笑)。
遠州スーパーギタートリオの生みの親である。
2012_0721Vagat4
永井(Vln)。
ヴァイオリンってノイズ成分が多いためか、ファズギターのように高揚してきちゃう。
そこへワウなんか掛けたりするから余計エモーショナルだ。
でも、正直、ワウはちょっと違和感あるけどね。

後半の「椎名林檎」の「本能」から「ORIGINAL LOVE」の「接吻」のアレンジはシビれた!
サロコン情報室に動画が貼ってあるので聴いてみるといい。
呑みながら聴くにはもってこいかもね。

Tamaさん、毎度ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。