KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「GEM Collection」 Vol.11
 ここから新しいPCでお届けしている。
23インチの大画面は広すぎて、貧乏性なKAZZは2/3くらいしか使っていない(笑)。
なんとJBLのスピーカが内臓されている。
が、広がりはあるがそれほどの音でもないかな。
キーボードもマウスもワイヤレスで非常にすっきりした。が、マウスは電池の重さがマイナスだな。

夏の芸術祭&七夕まつりの夜は「なゆた浜北」にある「おとぎ草子」に向かい、「John☆Paradise」の演奏途中に入店した。
「GEM Collection」 Vol.11
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
昼間の喧騒とは間逆な、アダルトでレトロな雰囲気に空気が涼しく感じられた。
「GEM Collection」 Vol.11  2
Chiharu(Vo)。
八神純子など往年の名曲を再現されて、リアルタイムで聴いていたKAZZは当時の思い出が鮮明によみがえってきた。怖いものなしの時代だった。
「GEM Collection」 Vol.11  3
矢野正道(Pf)。
おそらくこの方も当時のことを思い出しながら演奏されていたことだろう。
いや、アレンジしているのでそうでもないか。
「GEM Collection」 Vol.11  4
一点を見つめる潤んだ瞳に、すい込まれそうになった。
選曲がツボだが、それだけではない。
彼らの、ジワッと滲んでくる純水ような音が、俺の浮世の汚れを洗い流してくれるのだった。
すばらしき音楽・・・。

さて、次のグループは初めて見るメンツばかりだ。
「GEM Collection」 Vol.11  5
田浦みさき with POS。
永井スタジオの永井氏が企画しているイベントで11回目だそうだが、今回はボーカルをゲストに迎えているとのこと。
「GEM Collection」 Vol.11  6
加茂(Ds)。
ヘッドフォンはクリック音ではなくモニターだろう。
「GEM Collection」 Vol.11 7
「田浦みさき(Vo)」。
北海道出身でまだ大学生かな。
風体だけみれば、非常に大人びているという印象。
歌唱力もあり、もう少し場数を踏んで歌詞を覚えこめばもっとスケールが大きくなりそうだ。
「GEM Collection」 Vol.11 9
時折この笑顔を見せたり、MCを聞くとやっぱり若いお嬢さんだとわかる。

1曲バラードを動画で。


今日は来てよかった。




スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/29(木) 11:52:30 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
2012/11/10(土) 08:33:12 |
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。