KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク
 「女子会」って最近よく聞く言葉だけど、女性だけの集会のことだったら「井戸端会議」なんて大昔からやってるよね。
「男子会」と敢えて言わないのは、あたりまえだから?
ま、いづれにしろ、異性の入らない会は色気のないかわりにぶっちゃけトークで盛り上がるから楽しいのだ。

そんな流行り言葉を冠したライブが、おなじみプレ葉ウォークで開催された。
8月25日のこと(遠い目)・・・。

まずは、このお二人。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク2
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
「Spoon」。
もう何回このプレ葉のステージで演ったんだろう?
おそらく最多リピーターではなかろうか。
って、女子じゃないぢゃないかいっ!

・・ま、怒るほどのことではないが・・。

それにしても最初にこのステージに立っていたころと比較して成長したものだ。
まだまだ貪欲に高い目標を目指しているようだから頼もしい。

さて次は・・。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク5
「畑中摩美」。
ちょいとブルージーな曲はキュンとくるね。
前回のこのステージで気づいたことがあるんだ。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク4
それは、歌い始めるちょっと前に、この写真のように左に傾けるポーズを取るんだけど、これが妙に色っぽいのだよ。
いや、ほんと。
今度見てみ。

女子会ラストはこの人だ。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク3
あ、人じゃないね。
物販コーナーにある「これ」が気になる。
「これ」ってのは左側の『「妖怪博士」のいるお店』という札だ。
どんな女子だ?

なんかおっかないので、2階から覗いてみると・・・。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク1
な、なんだ・・超明るい感じじゃん。
害がなさそうなので降りて近寄ってみた。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク6
「あつ」という三重で活躍しているSSWらしい。
オレンジがシンボルカラーか。auとダブる。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク7
「元気な子を絵に描いてみ」といわれれば、きっとこんな子を描く。
それほどベタに元気印なのだ。
その元気さに釣られて一緒に腕を振り上げてしまう。
ゲンキってのは力があるもんだ。
女子会ライブ@プレ葉ウォーク8
10年ほど前に日本全国を路上演奏して周り、今ではラジオパーソナリティーやTVのテーマソングも手がけているようだ。

先ほどの「妖怪博士」は彼女が妖怪検定を取得したのだそうな。
そんなのあるんかい。

うーん、やはり女子会(一部お見苦しい人も入っていたがw)は楽しいってことだな。

女子会ライブ@プレ葉ウォーク10
女子会とは関係ないが、プレ葉に何気に展示されていたホンダS800クーペに魅入ってしまった。
美しい・・。女子会に入れてあげてほしいほど・・。ま、40歳は超えているけどね。
よく見ると左ハンドルである。後付のフォグライトとライトのサイドのウィンカーおよび運転席だけドアミラーというところがレーシング仕様を物語る。
輸出した車両を逆輸入したのかな。
このほかバイクも展示されていたが、2輪はよくわからん。

女子会に付加価値が付いて儲けた気分だった。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。