KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記 その1
10月13日(土)。
もう6回目を数える「やらフェス」。

”楽器の街”だったころの浜松は「音楽」といえば、オペラやピアノを主体としたいささかアカデミックな傾向だったが、”音楽の街”を謳うようになってからは、もっと庶民的で親しみのあるものに変化してきていた。
その最たるイベントがこの「ハママツやらまいかミュージックフェスティバル」だろう。

今年も浜松駅周辺をメイン会場にして、12のステージを用意してくれた。
わかりやすくジャンルに分けているため、好みのステージに居座るも良し、さまざまなジャンルを聴きに周るも良しである。
KAZZの場合は、比較的小編成のユニットを中心にあちこち見て周るという、いつもの体脂肪燃焼コースを選択した。
#6やらフェスプログラム
やらフェスHPより
上がプログラムだ。[やらフェスHPより]をクリックするとPDFを見ることができる。
ご覧のとおり291組(1,284人)のミュージシャンが出演したそうだ。すげーよな!

当然、すべてのミュージシャンを観られるわけはなく、同じ時間帯に12会場のどこをまわるのかはオーディエンスの意思に委ねられる。
したがって、まずは親しいミュージシャンにチェックをし、時間帯が同じ場合は、前の会場から近いところを優先したりするが、全く知らないユニットやバンドも極力事前にチェックして聴きにいくように心がけている。

以下、今回観て周ったミュージシャンたちを記録しておく。コメントは最小にとどめる(記憶喪失・・・)。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記3
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
一番最初はココ!
浜松では数少ないライブハウスのひとつ「窓枠」である。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記4
「IMPACT」
仕事上で知り合ったギターのくすさんの応援にやってきた。
最初のバンドだけど多くの観客がいたのに驚いた。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記5
駆け足で静銀アゴラに到着。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記
「aki&Yano」。
先ほどの大音量から、自分の息使いが聞こえるほどの静かな空間へきた。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記2
そしてモール街で「ENIAC」。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記6
手に持っているのはドル箱!?
竜光の前でひまわり持ってコン○ルドとは勇気ある行動だ。さすがENIAC。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記7
流れで同じ会場で次の「ANI.Lab」を拝聴した。
アニソン専門バンドのようだが、テッパンアニメソングも演ってくれたのでつい見入ってしまった。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記9
ここで休憩だ。
ZAZAの地下にあるヘッジカフェ(現在カフェ・オリーブに店名が変わっている)という店で1日10食の期間限定「野菜たっぷり赤カレー&ドリンク」650円を頂いた。
10食の限定というところに飛びついたが、トマトの酸味が強い。が、安いからオッケー?
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記13
腹ごしらえの後は、浜松駅前のキタラに来てみたが、人が多かったので、「アクアモール」に向かった。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記11
ここは今年初めて設定された会場だ。
演奏しているのは「Frankincense」。
関西方面のバンドらしいが、独特な雰囲気がある。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記18
このヴォーカルさんが歌・MCともに素敵で最後まで聴いた。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記19
そして再び「窓枠」へ。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記16
「GRAND FUNKRAILドーロ」。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記15
やっぱギターが主役になるよね。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記21
次に浜松FORCEへやってきた。
ケーブルTVの取材を受ける本番直前の「Midnight Junk」。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記22
このバンド、結構好きなんだ。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記23
そしてザザシティ中央広場での「縷縷木ノ下」。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記24
コートと弦のコーディネイト。
おしゃれでカッコいいサウンド、それがこの3ピースバンド「縷縷木ノ下」だ。

そして本日最後はバスターミナル地下でのこの人。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記27
「鵜木寿哉」。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記25
ついにCDを自主制作されたと聞いていた。
第6回やらまいかミュージックフェスティバル記26
ウクレレは初めて聴く。
CDをプレゼントしていただいた。
自作の絵をジャケットにしたり、バンド(打ち込み?)曲だったり、結構カラフルな仕上がりでびっくりだ。
いつか浜松でライブをやってくれるとうれしいのだが。

つづく
























スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。