KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「プレイヤーズ!!」
 浜松市制100周年「100夢プロジェクト」採択事業として映画「プレイヤーズ!!」が公開されたので観てきたよ。
ミュージカル総合エンターテインメントムービーというという肩書きが付いている通り、「ミュージカル」をベースにした人間ドラマだ。
登場人物それぞれの背景をショートストーリーで描き、そこで暮らす全ての人々が人生の「プレイヤーズ」だと伝えているようだ。

しかし、浜松の音楽シーンをよく知るものは、登場するさまざまな浜松を代表するミュージシャンの演技や演奏シーンに注目していたことだろう。
もちろん、KAZZもその一人であると自負している。
役者さんは別にして、登場するミュージシャンは全員当ブログでも取り上げている方たちばかり。
映画「プレイヤーズ!!」から龍譚寺1
チケットを予約した人限定で配布されたグッズのカレンダーは、部屋に貼っている。


映画を観るために、長蛇の列に並んだのは過去に記憶が無い。
映画とのコラボに乗っかったのも初めてだ。
そのコラボのひとつとして「HAMBURG & CAFE New York」の「プレイヤーズ!!ハンバーグフェア」があった。
映画「プレイヤーズ!!」から龍譚寺
「寅三ハンバーグ」でゲンジョウが演じる寅三の名前が付けられた「黒ゴマペースト&生クリーム」ソースのスペシャルハンバーグだ。
これ、結構いいっすよ。
映画「プレイヤーズ!!」から龍譚寺2
これは何だったか忘れちゃったけど、このソースもうまかったゾ。
これらのコラボは期間限定なのだが、基本的なハンバーグメニューは恒常的に用意されているのだ。
この「HAMBURG & CAFE New York」はバンド練習の帰りに「さわやか」と同じくらい寄っていたな。
でも、そのころは980円ステーキがボリュームがあって、よく注文した覚えがある。

店内の大型プロジェクターから映画「プレイヤーズ!!」の予告編がヘビーローテーションで流されていた。

監督は鈴木研一郎。
浜松出身の若き才能の持ち主だ。

この映画、もういちどじっくり観てみたい。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。