KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍譚寺に行ってみた
 なぜ、龍譚寺(りょうたんじ)?
実はクルマを買い換えたので、ちょっとドライブというわけ。
クルマの話は後でするとして、龍譚寺って、傍を良く通っていたけど、わざわざ寄ったことがなかった。
ちょっと気になっていただけ。

龍譚寺1
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
かなり昔に来たことがあるんだけど、初めて見る景色だよ?
龍譚寺3
本堂を回廊して裏の庭に向かう。
龍譚寺2
あれが有名な小堀遠州の庭だな。
縁側に人がいる。
あそこから庭園を眺められる。
龍譚寺4
十分な陽光が差し込んで強いコントラストを見せる庭園。
龍譚寺5
録音による説明が放送されていた。
「あそこが亀を模した云々・・・」とか、庭園設計者はほんとにそこまで考えていたのだろうか。
後付ではないかと穿った見方をしてしまうのは、性格が悪い証拠だね。
さらに、これだけの庭を手入れするのは大変だな、費用はどのくらいかかっているんだろうか。
とか、感嘆ではなく溜息がでてしまった。

歴史も知らず、素直に美しさを受け入れない、ヤな参拝者ですみません。

龍譚寺6
井伊谷(いいのや)製菓。きっと昔からここで商売されているんだろう。
しかし、自販機の多さに風情がかき消されている。

ちょっと小腹がすいたので龍譚寺の真向かいの蕎麦屋に立ち寄った。
龍譚寺7
麺処「曳馬路」は、古民家にあるような古い道具がいっぱい置かれて、見ていて楽しい。
ちょっとお高めの料金設定だが、観光地ゆえ、やむを得まい。
これは”八畳敷き”の親子かな。

ここまで、燃費計では17.2km/㍑。
まずまずか。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。