KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄の旅 3日目
3日なんて「ァ」ってゅう間。
沖縄の旅ラストデイは「ホエールウォッチング」をメインイベントに据えた。

天気はうす曇、気温は23度!
日にひに気温が上がっている。
人生初沖縄50
iPhone5
ホテルの窓から見える早朝のビーチ。

さあ、出発。
人生初沖縄49
ここ谷茶ベイのある「恩納村」から「読谷村」へ一気にフィットHVを走らせた。
人生初沖縄51
OLYMPUS PEN Lite E-PL5 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
このクルーザーでクジラを観にいくのかー。
20度を超えているとはいえ、沖縄の海は風が強いので肌寒いらしい。
1枚余分に着込んで乗船したのだった。
人生初沖縄53
どの方向に向ったのかは定かではないが、20分くらい海上を見つめながら走った。
ガイドが「最初に見えた人は大きな声で教えてください!その際は、方向を時計に観立てて、進行方向を12時として何時の方向と伝えてください。」だってさ。
船にソナーがあるわけではないので、結局クルーの目視が頼りだそうだ。
そう言われると「最初にみつけてやるぜっ」とムキになってしまう。
・・・そうした人間の性質を利用するとはやるなガイドさんよ。
同業者の船が連絡を取り合っているようで、さっと向きを変えて向かった先に・・。
人生初沖縄54
「オーーッ!いた!いた!」「キャー!」「どこっ?」という歓声が一斉に上がった。
11時の方向にクジラの尻尾が見える。
人生初沖縄55
ジャンプする瞬間のクジラの頭が見える。
ザトウクジラという種類だそうだ。
あれで体長10m以上あるらしい。
人生初沖縄52
ガイドによると4頭いるそうだ。
そのうち2頭が同時にブロウ(潮吹き)している。

と、突然クジラが見えなくなった。

ゆらゆら・・。
海を彷徨うこと40分。
いかん!
気持ちわるっ!
そう、俺は乗り物酔いしやすい性質だった。
ここはデッキの最上階・・・。
ガイドは「海に吐くのは大いに結構」といっていたのを思い出したが「最上階ではおやめください」とも言っていたっけ。
・・うぅ、もういいから帰りたい・・って思った瞬間、エンジンが吹き上がり、フル加速をはじめた。
助かった~。加速中は、船が安定するから酔いがおさまるのだ。
人生初沖縄56
・・・クジラが見えたけど、もう歓声が上がらなかった。
みんなも酔ってる?
いや、明らかにみんな飽いている(笑)。

そんなお客さんの反応を察知してか、30分も早く港へ帰ってきた。
予定は3時間だけど、誰もこのことに苦情を言わかった。
やはり、もう十分満足していたのだ。

クジラは、間近で見るとやはり迫力があった。
最初はほんとに遭遇できるのか疑っていた。
しかし、98%の遭遇率を誇っていたし、見られなければ返金とも言っていたのはダテではなかった。

早まった分はどこに行こう。
そうだ、道中にアメリカ村があったな。そこに寄り道していこう。
人生初沖縄58
CASIO EX-Z850
美浜アメリカンビレッジ。
人生初沖縄57
海沿いにそびえる観覧車は人をひきつける魅力があるね。
乗らんかったけど。
人生初沖縄59
アメリカンな飲食物やファッション関係が建ち並ぶ商業エリアである。
古着好きにはたまらん場所だろう。

さて、とりあえず寄っておきたい通りがあった。
CIMG4247_640.jpg
那覇で最大の繁華街である「国際通り」だ。

この通りでお土産を買うことにした。
人生初沖縄65
買い物に疲れたため、静かなお店で休憩した。
人生初沖縄63
飛び込みで入ったが、なかなかステキなお店だ。
人生初沖縄62
外にはこれでもかって人が闊歩しているが、このお店には2組だけしかいない。
落ち着くわ~。
ふと壁を見ると・・・。
人生初沖縄64
趣のある古いポスターに目を奪われた。

この後はレンタカーを返却して、飛行場から本土に戻るだけだが、慌しく観光地を巡ってきた自分に、ふっと力を抜いてくれた気がする。

島の人々は親切であった。
決して暮らしは楽ではないはずだが、心に余裕が感じられた。

見習わなくてはいけないと思った。

GSでレンタカーのフィットHVを満タン給油したら、15㍑入った。
走行距離は250kmだから約17km/㍑だな。
渋滞もなかったし、エコドライブを心がけたのだが、ハイブリッドの割には、あまり良い燃費とは言えないな。
無事レンタカーを返却して、空港までシャトルバスで送ってもらう。

飛行機を待つ間に、なにやらTV局が取材のセットをしていたので、覗き込んだら、一人の女性がカメラの前に立った。
人生初沖縄66
ダイキンオーキッドレディスに出場する「諸見里しのぶ」選手だった。
普段着ゆえ、記者ですら最初は気づかなかったくらいなので、すれ違ってもきっとわからなかっただろうな。
結果は、どうだったんだろ?

おっと、ゆっくりしてらんない。
フライトだ。
人生初沖縄67
3日間、天候に恵まれ、綿密に作成したスケジュールはほぼ完璧にこなす事ができた。
達成感!

今回は初の沖縄ということで、日なたの沖縄を見てきた。
しかし、沖縄の歴史は日陰の部分も多くある。
次回行くことができるのなら、そのあたりも見て周りたい。
あと、沖縄の音楽にももっと触れたいと思う。

機会を与えてくれた会社に感謝。

これで、沖縄の旅日記は終わりにする。













スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。