KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JTHM@サロコン
5月の雨は梅雨への導入。
温かさと湿気の入り混じる、ナマメカシイ日。

いつもお世話になってるサロンコンサートは、ヤマハCPのホールで開催された。
外の雨模様はまったく遮断された空間に、シャンソンのアコースティックなサウンドが巡る。

JTHM@サロコン2
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
「JTHM(じゅてーむ)」。
そういえば、シャンソンって誰もが知っている音楽形態だと思うけど、ちゃんと聴く機会ってなかなかないんだよね。
JTHM@サロコン3
谷口順哉(Gt)。
ギターとアコーディオンというだけで、シャンソンやマヌーシュになっちゃう・・わけないか。
JTHM@サロコン4
こちらは本日のイベントサインボード。
ちゃんと見たのははじめてかも(笑)。
JTHM@サロコン5
泉谷むつみ(Vo)。
愛の詩が多いシャンソンは、その独特なフランス語の語感と相まって妖艶である。
もちろん、彼女のビジュアルからもソレが滲み出ている。
JTHM@サロコン7
中島 洋(Acc、Cl)。
この音色がタマラン。
アコーディオンもそうだが、どこか懐かしさを感じさせてくれる。
浮世を離れる感じが気持ちいい。
JTHM@サロコン6
Tetchan!(Caj)。
以前、知り合いの家でカホンを叩かせてもらったのだが、かなり気持ちイイね。
1台欲しいと思ったけど、家で打楽器は騒音問題となるからなあ・・・。
あ、シンバルもほすい・・・。
JTHM@サロコン8
むつみさん、ギターが上手になったなあ。
JTHM@サロコン
聴くたびに発見があるシャンソン。
奥が深い。
今回もドキッとさせられる場面があった。

ちょっと勉強しようかな。




スポンサーサイト
コメント
コメント
おおー 第二部のときにお色直しでガッツリ妖艶にしてきてくれたんですよね
2013/11/17(日) 18:39:17 | URL | tamada #Syy4zPrU [ 編集 ]
tamadaさん
ビジュアルってライブでは大事な要素ですよね。
もちろん、衣装の面だけでなく、表情やしぐさもね。
Tamaさん、これからもお世話になります。
2013/11/17(日) 18:48:10 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。