KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kobo gloのある暮らし
 スマホもタブレットも持っていないKAZZだが、とくに生活に支障はないのだ。
因みに、クルマにはカーナビも付いてないw。
これら全てを備わっている方からは「ありえない!」とまで言われるww。

Twitter、FacebookやLINEなどのSNSも全く使ったことがないが、友人関係にヒビは入ったことはないし、束縛もない。ただし、多くの人とのつながりの拡大スピードは遅いのだろう。

これらの情報サービスを否定するつもりは毛頭ないが、利用するマナーのあり方は疑問を感じることもある。

あ、そんな話ではなくタイトルにあるとおり、ちょっとホラ以前から興味があったし、楽天が優勝したときに半額だったこともあり、買ってみたのよ。
Kobo gloのある暮らし
OLYMPUS PEN Lite E-PL5 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
koboという電子書籍リーダー。
元来、読書はほとんどしないKAZZだが、それでも読んでみたい本はいくつかあるのよ。
しかし、書店に行ってもなぜか本を買えない。
買うという行動をスポイルしているのは、読んだ後のことを考えるから・・・。
一度読んだ本は、まず読み返すことがないから本棚の飾りとなる。
つまり、無形の文章に価値があって、文字の入れ物である紙や表紙は不要と思っているからなのよ。
Kobo gloのある暮らし2
で、この電子書籍リーダーは、そんな思いを叶えてくれるツールだったんだ。
もちろん、iPadのようなタブレット端末でもその点は同じだけど、こいつの良い所は、まずバッテリーが1ヶ月近く持つこと。
次に、画面は液晶ではなくEinkという電子ペーパーであるということ。
これは、白色と黒色の粒子流体を収めたマイクロカプセル中で電界によって移動させる~ま、技術的なことはともかく、印刷物とほぼ同じように見えるということ。
具体的なメリットとしては、目にやさしいことと、太陽光の下でも紙と同様にちゃんと見えるのだ。
ただし、暗いと見えない。そこで、こいつはライトスイッチが備わっている。それもバックライトではなくフロントライトだ。

書籍やコミックはダウンロードで購入するが、書店で購入するより少し安価に買える。クーポンも頻繁に発行されるので20~50%OFFで買えるのもうれしい。

もちろん、本の良さをもある。
だが、しばらくこいつを使ってみて結論を出そうか。

あ、ちなみに運転中に読んでいるわけぢゃないからね。
駐車場で待っている間だよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。