KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD
まだまだ夏はつづくw。

「Kingsize」というブルーグラスを中心に演奏するバンドが、「Spoon」を対バンにライブを開催してくれた。
場所は、浜松市東区貴平町にあるRent & LiveStudio ON THE ROADの2Fのカフェ。

Spoon&Kingsize@ON THE ROAD1
PENTAX K-5Ⅱs F28-80mm f3.5-4.5&FA 43 mm f/1.9 Limited
内装は、ご覧のとおりウッディな落ち着ける空間で、残響もちょうどいい感じだ。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD2
最初は「Spoon」。
夏らしく浴衣で登場だ。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD3
こうすけ(G&Cho)。
この箱のおかげかも知れないけど、今日はギターの音がすごくいい。
リズムも初期に比べると格段に良くなってきている上に、オープンコードや右手のストロークもレベルアップしたようだ。
間近に席を取ったので、それらがつぶさに手に取るようにわかる。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD4
めぐみ(Vo)。
おばあちゃんが作ってくれたという浴衣姿で「海」を歌ってくれたが、これがジャストマッチだったね。
あと、Spoonにしてはめずらしいマイナーソング「Bye-Bye」という未発表曲もよく似合っていた。

お次は、「Kingsize」。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD5
ヒロシ(KB)。
この日は饒舌だったねw。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD
てらだっち(G&Bj)。
スピード感とコミカルさが絶妙で、ぐいぐい惹き込まれるステージングが最高だ。
Spoon&Kingsize@ON THE ROAD6
masa(B)。
淡々と演奏しているように見えるが、ブルーグラス的スピードでも余裕の表情だ。

Spoon&Kingsize@ON THE ROAD8
そして、お約束のコラボ演奏。
大きな古時計とカントリーロードだったっけ?
2組の特徴のちょうど真ん中的選曲で、溶け込みは十分。

Spoon&Kingsize@ON THE ROAD9

オツカレサマ。
楽しかったねぇ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。