KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hamamatsu Music Messe 2013
さて、「Hamamatsu Music Messe 2013」とはなんぞや?
パンフレットをもらっていたので調べてみた。



9月14日(土)・15日(日)の2日間、旧松菱跡地を会場として「さすが浜松!なるほど浜松!音楽の街 浜松!と言って頂ける“浜松ならではの音楽関係見本市”見本市と言っても楽器の展示や販売だけでなく、浜松で活躍されている様々な音楽関連業者 ( 楽器メーカー、楽器製作の匠・工房、音楽教室、楽器リペア、 音楽グループなど ...)にアピールしてもらう場、そして、音楽愛好家をはじめとした市民の交流の場と考えています。」



ということだ。

15日に会場にお邪魔してみた。
テントのブースには、浜松近郊のさまざまな楽器関係業者がずらりと並んでいた。
もちろん、周りには飲食ブースもある。
Hamamatsu Music Messe 20132
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
そして、中央奥にはトラックステージがドンと据えられており、そこで各業者やミュージシャンが楽器紹介や演奏を行うというスタイルだ。
Hamamatsu Music Messe 20133
「Rody」。
やんちゃでカッコいいロックバンドだ。
Hamamatsu Music Messe 20134
急に人が増え始めた。
そのわけは、ギタリストなら誰でも知っているアノお方が登場したからなのだ。
Hamamatsu Music Messe 2013
「山本恭司」。
BOWWOWのギタリストが、パブリックスペースでアコギで歌うという貴重なライブ。
イベントなのに、アンコールに応えてくれる気さくな兄さんなのだ。
ルーパーを駆使した演奏、ブルージーなフレーズに心が踊る。
とくに「Little Wing」は鳥肌モンだった。

このあと、同窓生と打ち合わせのため、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にした。


さて、主催は「浜松音楽同好会」だが、これは?
HPを見ると「浜松近郊(静岡、愛知)で活動するプロ・アマ 問わずミュージシャンの方や、楽器を習ってる人、習いたいと思ってる人、そして、楽器はやらないけど音楽聴くのが好きな人…そういう音楽好きな人たちの交流の場にしたいと立ち上げた、Facebookページです。
オンライン上だけに留まらず、実際にライブイベントなども行い、音楽好きな方との交流を深めております。」とのこと。
以前、OKステージのひとつであるZAZA中央広場で開催された「立川俊之ライブ」で、主催の方とお話をしたことがある。
そのとき、浜松は、すごいパワーを持った人たちが大勢いらっしゃるんだと、改めて感じた。

2014もすでに計画がスタートしているとのこと。
今度は、しっかりブースも見て周りたいな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。