KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻美&三田@BT
 ども、今日は5月1日だからメーデーってやつだね。
浜松では4月20日に集会を実施しているから、あまり実感がないけど、世界的には大事な労働者のイベントだから・・だから、単なるセレモニーと化している現状に少々疑問を感じてる。

と、この前置きは本文とは関係ないが、いかに記事が遅れているかを自ら戒めるために時事を書いてみた。すまん。

2013年10月5日 Live Bar Cafe 「Biscuit Time」にて。
麻美&三田@BT
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
「麻美&三田」。
前にも書いたが、このユニットが演奏する曲が非常においしい選曲なのだ。
麻美&三田@BT2
その選曲をするのはこのお方「三田(G)」氏。
フォークギターを抱えているが、曲はフォークではない。
ファンクであったり、ジャズであったり、AORであったり様々だ。
それらの曲を巧みなアレンジでギター1本でバッキングをし、ルーパーを駆使してアドリブを入れたりとかなり忙しいのに、涼しい顔で演奏してしまう。く~、ニクイ。
麻美&三田@BT5
「麻美(Vo)」。
安定したギターのバッキングに乗せてノビノビと歌う。
麻美&三田@BT3
ギタリストならば彼のプレイは必見ですゾ。
麻美&三田@BT6
彼女のレパートリーの広さにも舌を巻くが、MC時の客を楽しませるプロ意識の高さも感服してしまう。

満足度の高いライブだった。
次回も絶対見逃さないゾ!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。